2020年07月09日

The Hokum Boys & Banjo Joe 1927 - 1929

IMGP7560.JPG
(2018年 10月入手)
私共リスナーと(僕だけかもしれないが)楽士さんとの
温度差はこれだけあるものかとビックら驚いた

スイングの基本が4ビートって?
楽譜理論サッパリのリスナーが思うに
歴史上2ビートでホットなスイング感が永く
続いた事実をご存じないのか?
(と・素朴なる疑問が沸き立つ)

それに肝心のシャッフルに関してはナントモ
小手先技術が先行してリズムが死んどる
という要素もあるから要注意だ

楽譜理論サッパリのリスナーが
シャッフルってナニ?と聞かれりゃ
「T・ボーン・シャッフル」1発でドン決まりやろ?
あとホッジスが上手いよネぇ
プランクトンみたいなギター野郎は
ブルース界のF氏から拝借しとるが
(未だ凌駕はしとらん)
ちなみにラリーはB氏から借金しとる
(という返答に相成る)

ジャズ(ラグ)とブルースがゴタ混ぜ状態黎明期にゃ
ドサクサ紛れにスイングした音楽もあり
ソレが土壌に根差した自然発生的なる
コテコテスイングに成り立った
ソコに価値と尊さが存在するのである

せやから戦後のコテコテミュージックなんてのぁ
アッチに色目使ってウソっぽぃねゃ
コレを実名挙げて説明するのは
(リスントゥザ・みゆゥ〜ジック講義)
教室内での授業日とする(遅刻厳禁)

これで当CDの概略は説明できたつもりだが
美味しい部分はオマケ・トラックである。







posted by ドクた at 11:00| 京都 ☔| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

第3オーディオ・チープ第1弾



コロナショックの3月末頃にゃ一か八か
証券マンもビックリの離れ業で乗り切れたが
その後があかんがな モぉ―

っちゅうことでオークションで叩き売って
第3オーディオが消滅した

そこで立ち上げたのがチープ・オーディオ・システムである
山ン中入る仕事時に買った中華DVDにPC用SPを接続
(聴けるっていうか)聞ける

ヤマハの音ぁやらコぃねぇ(疲れない)
アンプ内蔵ってありがたいじゃないの
あと・重低音部にサラウンド用スーパー・バスを
(って・・・必要あるか?)

・・・・・・・・・ない。


posted by ドクた at 12:04| 京都 ☔| Comment(0) | ドクた、と僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

Blind Lemon Jefferson ‎– (1926 - 1929)

IMGP7533.JPG
2018年 10月入手

10月にも例の症候群が尾を引いてたようだ
CDも持ってんにゃけどやっぱせめてLPの音で聴きたい
(MONO でなく安もんの方ゃ)

戦前テキサスブルースにおけるビート感覚考察
てな事ぉ僕が言い出すと世のブルースマニアから
(袋叩きにあうのは必至)だからやめる

せやからみなさまには申し訳ないが
極々内輪の話、約4・5名からなる
ドクた、倶楽部・ファンクラブという
零細グループに属する者ならレモン氏のジャケみただけで
(オークボゃ!)と言うのは間違いない

僕もジャケ見て、いゃ反対だ
今は偉い人になってるオークボが入社してきたとき
(こいつ・ブラインド・レモン・ジェファースンゃないヶ)
と本人の前で愕然とした事を覚えてる

それから僕の子分である
おじゃ丸と永源寺へ行ったとき、

IMGP0052.JPG

少年時代のオークボを発見した思いがしたのである
(内輪だけで盛り上がる話でどーもてぃんまテン)
オークボはギターには興味なく
政治とビン・ビールだけが生きがいらしぃ。




posted by ドクた at 22:53| 京都 ☔| Comment(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

Funny Papa Smith* ‎– 1930-1931 The Original Howling Wolf

IMGP7207.JPG


2018年9月入手ブツ

と・その頃、バサードの映画で火がついたのか
SPが無理ならLPをとブルース渇望状態にあったようだ

ヤズーの色が何色でも僕ぁ感知しない
ジャケが黒いエース?(どーでもえーねん)
しかしゃ・とんかつオリバーがテキサスの大王と
このパパがツルンデタっちゅーのはどーもなぁ

僕よりはギターは上手いと思うけど大王はラングとか
お口が肥えてらっしゃるもんなぁ
(ま、ソレもどーでもえーねんけど)

とにかくクセになるヴォーカルがたまらんネ
シカゴのチェスターより生々しいのは
録音マイクを噛み砕くほど接近してるのか
キョーレツなるブルースはやっぱし
ヴォーカル音楽なのだと思い知らされた1枚である

さて先を急ごう(次もブルースやで)

続きを読む
posted by ドクた at 12:05| 京都 ☁| Comment(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする