2019年05月01日

ファースト・シーン (今月の表紙)

IMGP3360.JPG

いらっしゃいッ!まし

posted by ドクた at 00:00| 京都 ☔| Comment(14) | ドクた、と僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

2017・海中訓練

IMGP7742.JPG

今年は海に3回、びわ湖に2回 計5回の海水浴だった
ジムのインストラクター イノウ○は
「よぅ 焼けたはりますナ」
(海水浴ぅ〜 お仲間とみんなでヤキニクでっか?)
発想が超・貧困である

「ひとりで卵焼きとおにぎりじゃ」
インストラクター イノウ○は僕の事ぉ
(いつもながら・けったいなオッサンやな)
と・思った事ぁ マチガイない


続きを読む
posted by ドクた at 21:28| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

Buck Clayton 「The Essential Buck Clayton」(1954 and 1957)

IMGP5090.JPG

(2015年12月度ゲット・ブツ)
昔からよく見たレコ・コレもオーサカをほっつき歩いて
あんまし安いので買ったブツ

内容は以下のアルバムの1曲づつゴチャ混ぜ状態
(2枚組)
     ↓
「The Mel Powell Septet With Buck Clayton」

「The Buck Clayton Septet」

「Buck Clayton's Band With Ruby Braf」

メル・パウェルはクレイトン絡みのカーネギーを持ってる
(あまり評価してない)
セプテットは50年代のケニー・バレルの硬派度がよい
ウィズ・ルビー・ブラフって共倒れになんのちゃぅかえ
という危惧はどこ吹く風(一番良い)

なんちゅーたかてバディ・テイトが聴かせる
ジミー・ジョーンズのピアノ
ボントロはベニー・モートン
パワフルなるルビーも滑らかなるいぶし銀のクレイトンには
ひれ伏せぃッ(と・言いたくなる)
(参考作品は「You're Lucky To Me」テキトーな動画なし)

(どっかで聴いた気もするが不思議とダブリがない)。


ラベル:VanGuard VSD 103/104,
posted by ドクた at 11:14| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

チープなエレクトリック装置

IMGP7573.sjpg.jpg

チープなエレクトリックな装置というフレーズが
気になったので調査すると7年も前
(自慢ニャならんが一度も針交換してない)

ま・カナメになるのがTechnics SL-1200MK4 だが
よく似た商品もあるし
当時なら買えたかもという商品もある(今じゃとても・・)




続きを読む
posted by ドクた at 14:09| 京都 ☔| Comment(2) | ドクた、と僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

The Quintet Of The Hot Club Of France With Django Reinhardt/ Stephane Grappelly

IMGP3206.JPG

Decca 23004A The QUINTET OF the HOT CLUB OF FRANCE「LILY BELLE MAY JUNE」1935 4/?

Decca 23004B QUINTET OF HOT CLUB OF FRANCE 「SOME OF THESE DAYS」1935 9/?


フムフム、ダレか先日・ジャンゴがどーたらこーたら発言しておられたが
いちど こーゆーのを体験していただきたい

Wave Soundを否定しませんが78回転となりゃベツモノ
まだ蓄音機の鉄針は下ろしてない
SP盤がチビるからゃ!という狭い了見ではない

チープなエレクトリックな装置でも
十二分な感動が得られるからである
ムフフフ。





posted by ドクた at 09:08| 京都 ☁| Comment(2) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする