2015年11月29日

RLP 1045 Ma Rainey, Vol. 3

IMGP0012.JPG

ま、3枚ともバックの音の変化で楽しめるブツで
クラシックブルースがジャズの母体となりえたフシも
ありますのでカテゴリーをジャズにしまして
録音データは「www.jazzdisco.org」から
コピーさせていただきました
(リヴァー・サイドもヤルもんだ)。



Joe Smith (cornet) Charlie Green (trombone) Buster Bailey (clarinet)
Fletcher Henderson (piano) Charlie Dixon (banjo)
Coleman Hawkins (bass saxophone) Kaiser Marshall (drums) Ma Rainey (vocals)
NYC, early December, 1925
2372-2 Chain Gang Blues
2375-2 Wringing And Twisting Blues

Bernie Young (cornet) Albert Wynn (trombone) Barney Bigard (soprano,alto saxophone)
probably Lil Henderson (piano)
possibly Rip Bassett (banjo) Ma Rainey (vocals)
Chicago, IL, February 3-18, 1926
2448-2 Broken Hearted Blues
2451-4 Jealousy Blues
2452-1 Seeking Blues

Jimmy Blythe (piano) Ma Rainey (vocals)
Chicago, IL, circa February, 1926
2466-1 Mountain Jack Blues

Homer Hobson (cornet) Albert Wynn (trombone) Tom Brown (clarinet, alto saxophone)
Doc Cheatham (soprano saxophone)
Lil Henderson (piano) Rip Bassett (banjo) Ben Thigpen (drums)
unknown (musical saw) Ma Rainey (vocals)
Chicago, IL, circa June, 1926
2628-1 Sissy Blues
2629-2 Broken Soul Blues

Shirley Clay (cornet) probably Al Wynn or Kid Ory (trombone)
Claude "Hop" Hopkins (piano) unknown (banjo) Ma Rainey (vocals)
Chicago, IL, August, 1927
4707-1 Misery Blues
4708-2 Dead Drunk Blues

possibly Shirley Clay (cornet) Albert Wynn (trombone) possibly Artie Starks (clarinet)
unknown (piano)unknown (drums) Ma Rainey (vocals) unknown male talking
Chicago, IL, circa December, 1927
20233-1 New Bo-Weavil Blues
20234-1 Moonshine Blues


ラベル:RLP 1045
posted by ドクた at 20:32| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RLP 1016 Ma Rainey, Vol. 2

IMGP0011.JPG

翌月、にっぽんいち優しいヒトから当レコが送られてきた
だ、ダブってしまいました
そーゆー日が来ましたか(来てしまいました)汗

同僚にサーファーがいるが、あの地域の人々は
もの凄くいい人ばっかしらしい(マチガイ無い!)
当レコのムードにぴったりだ
(コレをラドニア・ムードという)
2枚とも大事に保管しよう。


Tommy Ladnier (cornet) Jimmy O'Bryant (clarinet) Arville Harris (alto saxophone)
Lovie Austin (piano) Ma Rainey (vocals)
Chicago, IL, circa March, 1924
1701-2 Honey Where You Been So Long
same personnel
Chicago, IL, circa May, 1924
1758-2 Lawd Send Me A Man Blues
1759-2 Ma Rainey's Mistery Record

Bernie Young (cornet) Albert Wynn (trombone) Barney Bigard (soprano,alto saxophone)
probably Lil Henderson (piano)
possibly Rip Bassett (banjo) Ma Rainey (vocals)
Chicago, IL, February 3-18, 1926
2448-2 Broken Hearted Blues
2451-4 Jealousy Blues
2452-1 Seeking Blues

Jimmy Blythe (piano) Ma Rainey (vocals)
Chicago, IL, circa February, 1926
2466-1 Mountain Jack Blues

possibly Shirley Clay (cornet) Albert Wynn (trombone) possibly Artie Starks (clarinet)
unknown (piano)
unknown (drums) Ma Rainey (vocals) unknown male talking
Chicago, IL, circa December, 1927
20229-2 "Ma" Rainey's Black Bottom

ラベル:RLP 1016
posted by ドクた at 20:26| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RLP 1003 Ma Rainey, Vol. 1

IMGP0010.JPG

2014年11月河原町、いつもの階段を上がりよっこらセとドアを開ける
いつもの柔和な笑顔 とゆーか複雑な微笑で迎えられる

そこで見つけたのがマ嬢である(マ嬢はカワイイ女だ)
3枚揃ってる、30秒ほどの葛藤の末
3枚と赤のドッズといっしょに家に連れて帰ることにした。


Georgia Tom Dorsey (piano) Martell Pettiford (banjo)
Herman Brown (kazoo, washboard, tub bass)
Carl Reid (jug, jazzhorn) Ma Rainey (vocals) band moaning effects
Chicago, IL, circa June, 1928


ラベル:RLP 1003
posted by ドクた at 20:20| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Red Nichols & Miff Mole「new york jazz of the roaring 20's」

IMGP0001.JPG

(2014年11月の収穫ブツ)
さて、本日ぁ(飲んでるが)書く!
勢い込んでるが当10インチ盤はなんとゆーか
どーも形式ばってるとゆーか おカタぃ

フリーマンのポキポキサックスはこういう土壌から
発生したのかもしれない
オマケに針飛びが2か所もあった日にゃ・・・・

で、コレだ

IMGP0209.JPG

続きを読む
posted by ドクた at 20:14| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

Lawson-Haggart Jazz Band 「South Of The Mason-Dixon Line」(1953)

IMGP0002.JPG


フム、こーして見ると今月の表紙はなかなかいい
てな事ゆーてる場合やない、更新が滞っておるではないか
(カメラにうつつをぬかしてるのが最大の原因だ)
あと、飲んだら眠たい

しかしながらLPに関してはエっぶり・マンス在庫数だけは増えている
(もっとも中味が肝心なのだが)
っちゅぅ〜ことで去年11月の収穫ブツはなんとしても
(思ってるだけかもしれないが)この月には書いておきたい

ということで「South Of The・・・」というフレーズに
魅かれたのだがフツーのディキシーですナ

と思てたが1年後聴きなおすとルー・マクガリティは
ワカランかったがビリー・バターの音はワカッタぞ
最後の曲 「Cryin' For The Carolines」イントロ・ギターが
なんとも・・調査するとジョージ・バーンズのようだ

ビール1本分の値段でくたびれた10インチ盤だが
庶民派リスナーはコレでアメリカ南部を2・3泊した
気分になれるのだ。
posted by ドクた at 23:02| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする