2015年11月29日

Cripple Clarence Lofton: An Early Exponent of Boogie Woogie and Blues

IMGP0006.JPG

Pax LP 6005 (US 5/1954)



好きなピアニストでありますが
ドコが好きかってこの人のスローで弾く指の動きに
耽美性を感じるのであります

高度なブギウギピアニストであるこたぁワカッた
あ、しかしワタクシの求めてるテーマとは
若干チガったような・・・
ま、いーか

ということで こんなんどーですやろ?


この動画(1940)とありますが正確には1939年 11月 29日の録音ですやろ
いずれにせよ僕ぁ裏面の方が好きである

IMGP4311.JPG

これがハワイ開戦1年前・1940年1月5日の録音である


とゆーことで11月はこのくらいだったか(たぶん)。
posted by ドクた at 22:00| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

King Oliver's Creole Jazz Band vol 2

IMGP9998.JPG

リリースされたのは50年代らしいけど
Jazz Societyってちょっとオモろいレーベルですけど
コレ一番よかったかなぁ

それはそーとパパ・ジョーとはまったく縁も所縁も
なさそうな近所の喫茶店前で
若き日のオリバーちゃんを発見した気がした

IMGP0819.JPG


- Sweet Lovin' Man
- Sobbin' Blues
- Workin' Man
- High Society Rag

- Ain't Gonna Tell Nobody
- Riverside Blues
- Mabel's Dream
- Snake Rag


ラベル:Jazz Society L-P
posted by ドクた at 21:30| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

King Oliver, Volume 1 - King Oliver & His Dixie Synchopators [Released 1950]

IMGP9997.JPG

Recorded 1926-28.


オリバーちゃんはいくらダブっても良いのである


Black Snake Blues/Willie The Weeper
/Aunt Hagar's Blues/Speakeasy Blues//Sugar Foot Stomp/Snag It No. 2/Someday Sweetheart/Too Bad
ラベル:BL-58020 Brunswick
posted by ドクた at 21:21| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

King Oliver 「 Plays The Blues」Released:1954

IMGP9995.JPG

London Records AL 3510

(去年11月収穫ブツ)


先日のCDとダダ・ダブりですがナ

posted by ドクた at 21:15| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Washboard Sam (1938-1941)

IMGP9994.JPG

去年11月は10インチ祭りという様相ですが
おフランスのRCA盤で1961年リリースでしょうか?
ビッグ・ビルとのこのノリいいですねぇ

近江八幡辺りの屋形船乗って一杯飲んで
近江牛ですき焼き
ポータブルのプレイヤーで当10インチを回す
(いつか実行してみたい)

参考ブログ
posted by ドクた at 21:08| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Various Artists ; Louisiana Swamp Blues (4 CD)

IMGP3743.JPG

コレも去年11月に到着いただきましたが
どっちかつぅーとR&Bというかロケん・ルぉ〜ルというか
ケイジャンもありぃ〜の
とにかく4CDやからデジオーディオにブチ込んで
半年ほど聴きっぱなし
聴き惚れてもてアポロ発射時間が大幅に遅れたことも・・

とにかくホレ 例の膨大なるレコード・ストーリーものも
聴かなあきまへんがナ(やろ?)
それにしてもルイジアナのR&B系だけでも
サウンド種が凄いなぁ
せやけどこの辺の人ってストラト系のパキパキ音が好きみたい

ほてパキパキ音っちゅーたらアルバート・コリンズでも
ワトソンでもない、私的にはナニを隠そうアイク・ターナー
パキパキ・キングと名付けたい
(なんでこんな話になってんやろ?)

本日もルイジアナのバイユーにデカぃ夕日が沈むのである


posted by ドクた at 21:02| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Southern Soul Brother: The Murco Recordings 1967-1969 Eddy Giles

IMGP3736.JPG


あ、はい去年11月に着きました

あの60年代という熱い季節を駆け抜けた
オレのハートにまたぁ 火が点いたゼ

(もっとも僕ぁ 小学生だったが)


posted by ドクた at 20:54| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ellis Larkin 「Perfume and Rain」Released 1955

IMGP3742.JPG

エラのレコを聴いてるとめちゃ気になるピアニストだった
勢い込んで聴いたが
コレはワタクシだめでした。


ラベル:Ellis Larkin
posted by ドクた at 20:51| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pee Wee Russell All Stars(Atlantic ALR 126)

IMGP0009.JPG

August 31, 1938 New York City


(去年11月収穫)
全6曲だがトータル16分ほどの10インチだ
それにしてもこの顔ぶれ
濃い16分である。


Max Kaminsky (trumpet) Dicky Wells (trombone) Pee Wee Russell (clarinet)
Al Gold (tenor saxophone)
James P. Johnson (piano) Freddie Green (guitar) Wellman Braud (bass)
Zutty Singleton (drums, vocals)

ラベル:Atlantic ALR 126
posted by ドクた at 20:46| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Ida Mae Mack / Bessie Tucker」backgrounds of jazz volume 2 リリース(1953)

IMGP9999.JPG

やはりジャズの背景であったか
しかしココでは下地と訳したい

音楽はシンプルがいい
と・言ったのはジョン・レノンである
(ホンマにそんな事言わはったかなぁ)

心しみじみ静寂閑雅かな。


Ida May Mack
- Mr. Forty-Nine Blues
- Elm Street Blues
- Good Bye Rider
- Wrong Doin' Daddy

Bessie Tucker
- Got Cut All To Pieces
- Fort Worth And Denver Blues
- Fryin' Pan Skillet Blues
- Penitentiary Blues


ラベル:LVA-3016
posted by ドクた at 20:38| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RLP 1045 Ma Rainey, Vol. 3

IMGP0012.JPG

ま、3枚ともバックの音の変化で楽しめるブツで
クラシックブルースがジャズの母体となりえたフシも
ありますのでカテゴリーをジャズにしまして
録音データは「www.jazzdisco.org」から
コピーさせていただきました
(リヴァー・サイドもヤルもんだ)。



Joe Smith (cornet) Charlie Green (trombone) Buster Bailey (clarinet)
Fletcher Henderson (piano) Charlie Dixon (banjo)
Coleman Hawkins (bass saxophone) Kaiser Marshall (drums) Ma Rainey (vocals)
NYC, early December, 1925
2372-2 Chain Gang Blues
2375-2 Wringing And Twisting Blues

Bernie Young (cornet) Albert Wynn (trombone) Barney Bigard (soprano,alto saxophone)
probably Lil Henderson (piano)
possibly Rip Bassett (banjo) Ma Rainey (vocals)
Chicago, IL, February 3-18, 1926
2448-2 Broken Hearted Blues
2451-4 Jealousy Blues
2452-1 Seeking Blues

Jimmy Blythe (piano) Ma Rainey (vocals)
Chicago, IL, circa February, 1926
2466-1 Mountain Jack Blues

Homer Hobson (cornet) Albert Wynn (trombone) Tom Brown (clarinet, alto saxophone)
Doc Cheatham (soprano saxophone)
Lil Henderson (piano) Rip Bassett (banjo) Ben Thigpen (drums)
unknown (musical saw) Ma Rainey (vocals)
Chicago, IL, circa June, 1926
2628-1 Sissy Blues
2629-2 Broken Soul Blues

Shirley Clay (cornet) probably Al Wynn or Kid Ory (trombone)
Claude "Hop" Hopkins (piano) unknown (banjo) Ma Rainey (vocals)
Chicago, IL, August, 1927
4707-1 Misery Blues
4708-2 Dead Drunk Blues

possibly Shirley Clay (cornet) Albert Wynn (trombone) possibly Artie Starks (clarinet)
unknown (piano)unknown (drums) Ma Rainey (vocals) unknown male talking
Chicago, IL, circa December, 1927
20233-1 New Bo-Weavil Blues
20234-1 Moonshine Blues


ラベル:RLP 1045
posted by ドクた at 20:32| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RLP 1016 Ma Rainey, Vol. 2

IMGP0011.JPG

翌月、にっぽんいち優しいヒトから当レコが送られてきた
だ、ダブってしまいました
そーゆー日が来ましたか(来てしまいました)汗

同僚にサーファーがいるが、あの地域の人々は
もの凄くいい人ばっかしらしい(マチガイ無い!)
当レコのムードにぴったりだ
(コレをラドニア・ムードという)
2枚とも大事に保管しよう。


Tommy Ladnier (cornet) Jimmy O'Bryant (clarinet) Arville Harris (alto saxophone)
Lovie Austin (piano) Ma Rainey (vocals)
Chicago, IL, circa March, 1924
1701-2 Honey Where You Been So Long
same personnel
Chicago, IL, circa May, 1924
1758-2 Lawd Send Me A Man Blues
1759-2 Ma Rainey's Mistery Record

Bernie Young (cornet) Albert Wynn (trombone) Barney Bigard (soprano,alto saxophone)
probably Lil Henderson (piano)
possibly Rip Bassett (banjo) Ma Rainey (vocals)
Chicago, IL, February 3-18, 1926
2448-2 Broken Hearted Blues
2451-4 Jealousy Blues
2452-1 Seeking Blues

Jimmy Blythe (piano) Ma Rainey (vocals)
Chicago, IL, circa February, 1926
2466-1 Mountain Jack Blues

possibly Shirley Clay (cornet) Albert Wynn (trombone) possibly Artie Starks (clarinet)
unknown (piano)
unknown (drums) Ma Rainey (vocals) unknown male talking
Chicago, IL, circa December, 1927
20229-2 "Ma" Rainey's Black Bottom

ラベル:RLP 1016
posted by ドクた at 20:26| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RLP 1003 Ma Rainey, Vol. 1

IMGP0010.JPG

2014年11月河原町、いつもの階段を上がりよっこらセとドアを開ける
いつもの柔和な笑顔 とゆーか複雑な微笑で迎えられる

そこで見つけたのがマ嬢である(マ嬢はカワイイ女だ)
3枚揃ってる、30秒ほどの葛藤の末
3枚と赤のドッズといっしょに家に連れて帰ることにした。


Georgia Tom Dorsey (piano) Martell Pettiford (banjo)
Herman Brown (kazoo, washboard, tub bass)
Carl Reid (jug, jazzhorn) Ma Rainey (vocals) band moaning effects
Chicago, IL, circa June, 1928


ラベル:RLP 1003
posted by ドクた at 20:20| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Red Nichols & Miff Mole「new york jazz of the roaring 20's」

IMGP0001.JPG

(2014年11月の収穫ブツ)
さて、本日ぁ(飲んでるが)書く!
勢い込んでるが当10インチ盤はなんとゆーか
どーも形式ばってるとゆーか おカタぃ

フリーマンのポキポキサックスはこういう土壌から
発生したのかもしれない
オマケに針飛びが2か所もあった日にゃ・・・・

で、コレだ

IMGP0209.JPG

続きを読む
posted by ドクた at 20:14| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする