2016年01月21日

Jimmy O'Bryant「 Archive Of Jazz Volume 32」(1924-1926)

IMGP0814.JPG

(2014年12月入手ブツ)



うう〜ム・このサウンドが好きだ

(1925年 5月のシカゴ録音)
クラがオブライアント、ピアノが例のブライス
洗濯板がジャスパー・テイラー

このトリオにおける要はジャスパー・テイラーにある
という気がする、楽曲の骨格というか屋台骨
カービー楽団におけるオニール・スペンサーしかり
太鼓という楽器ではなくやっぱし人格かなぁ。

Jimmy O'Bryant (c. 1896, Arkansas or Kentucky – June 24, 1928, Chicago)
James Louis "Jimmy" Blythe (May 20, 1901 – June 14, 1931)
どちらも若死にゃ 僕は彼らの倍ほど生きて
今月またひとつトシとった
(申訳ないけど年金もらうまではイカへんどぉ)。
posted by ドクた at 23:45| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Various:「 Chicago Southside」(1928-1929)

IMGP0823.JPG

(2014年12月入手ブツ)

「Chicago Southside」というタイトルのLPは何枚か
他レーベルからも出ているようで、そのうちあと2枚の
情報は得ておる(特に自慢にはならない)

このコレクターズ・アイテム盤は前回より
A面にジミー・ブライスに照準を合わせてある

ビル・ジョンソンのベースにクリフォード"Snags" ジョーンズ
のドラムという強烈なるリズム隊がステート・ストリートな
上海の裏路地にヴェトナムのホルモン屋の厨房内を彷彿とさせる

コレに W.E. "Buddy"バートンの合いの手が入ると
トンソク&内臓ごった煮の大鍋に
河内音頭と江州音頭が追加注文されるという
とんでもない状況下・シカゴ総盆踊り大会に
酔いしれるのである
けっこうなダブり具合やけど・やっぱしLPがイイ

ちなみに新世界の「たつや」も負けてまへんデぇ

RIMG5216.JPG
posted by ドクた at 23:34| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VA;「Paramount Hot Jazz Rarities」 1926-1928

IMGP0821.JPG


(2014年12月入手ブツ)

ハーウィンを全部揃えたろかという野望を感じたが
アレもあるし、アレは手に入らんやろ
ソレよりあのレコがセカイモンでめちゃ高かったやん
(1・2分で野望は消滅した)
で、ジミー・ブライスという人はマニアック・クラと
相性がいい、彼自身がマニアック・ピアニストだからである
ちなみに師匠はこのヒトか

B面最後曲「Beverly Synocopators」の「Sugar」が
見事な演奏である、オールド・ジャズの魅力は
こういうトコロにあると思う
Unknown ArtistであるがドラムはやっぱしBeverly Sextonやろ
せやからその辺りの音楽家集団であると推測しとこ

お、おぃB面最後曲っちゅーてるやろ
(アレをアップせんかぃ)ワカっとらんなぁ

posted by ドクた at 23:20| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする