2016年03月08日

Peabody Blues

IMGP3741.JPG

(2014年12月度・落札CD)

1929年の9月中旬、メンフィスのピー・ボディホテルに
滞在した・・・という夢を見た

夢ではなく当ホテルは現在もその地に現存するらしい
世界遺産に登録されてんにゃろか?
行って確認しなければならない

あ、その前にパソを買い替えなければ・・・・
(一行書く度・固まりよる)どん・ならん
カネを使うのは大ッキライだッ!
(という性分である)
とうぶん・ガマンしょ

とにかく全曲えーど!・というCDは珍しい
「How Long How Long Blues」はダレもが演ってる
ブルースのスタンダードだがコレがいい


60年代ポール・バター(バンド)のあの
サウンドが僕にはチラつくのである。

posted by ドクた at 22:02| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bennie Moten's Kansas City Jazz 「Treasury Of Jazz N°12」

IMGP0826.JPG

(2014年12月入手)

えーと、オールド・ジャズなる音源を聴きだして・・
と・ゆーか買いだして(も・何年になるやろ?)
はじめのウチは諸先生方々からやっぱジェリー・ロールやど
とかパパ・ジョー聴かなはじまらんデ(ヴぉヶ)
という厳しくもお優しいお言葉に励まされておったワケですが
またドレもコレも素晴らしい音楽なのは間違いありましぇん

で、もし今からオールド・ジャズのナニから聴いたらえーやろ?
という将来有望な変質的な方がおられましたら
僕ぁベニー・モーテン推しますなぁ
とにかく聴いてて楽しい、入りやすい気もする
(コレなんか めちゃ好きゃ)




時間ができたらオーケー・セッションを聴きなおソ


続きを読む
posted by ドクた at 21:51| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする