2016年03月21日

Lester Young 「Jammin With Lester」 Released:1974

IMGP1035.JPG

春節・大移動・春休み・卒業旅行、桜も咲いてへんのに
連休でっか?かなりの上洛ぶりで毎日ヘトヘトですがな
(毎年同じボヤキ節の季節である)

っちゅーことで(2014年12月度の入手ブツ)
値段は安いが良質なるレコであります
(って・今さらゆーな?)
本人も自覚しとりますが なんでガキの頃に
買っておかなかったか(チト反省)

1944年の例の動画をパソで鑑賞しながら
いい時代になったなぁ
(と・ゆーてみたかった)

全国のスキモノさま達にはお馴染みジャヴィー・ダンサー
マリー・ブライアント嬢のヴォイスがソソるではないか
(サニー・サイド・・はホッジスだけの曲ではなかった)


で、こゆレコを聴きますと油井せんせの「生きているジャズ史」
の中でタルド的考案でっか オリバーは諸般の事情から別格として
ルイ・ビックス・マイルスを発明者である
(という話を思いおこす)

ガレスピーも発明者としながらもビ・バップはスイングに
対立する過程でジャズ史の中では旅の途中で
確立されてへんからお引き取り願うと・・・・

ま・そんなカタぃこと言わんでもよろしがな
家元は何人いてもヨロシやろ?
(と・僕は思ってしまう)。


posted by ドクた at 21:47| 京都 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする