2016年04月30日

Ruby Braff's All-Stars 「Braff!」(1956年)

IMGP4004.JPG

(2015年1月)

他所のレコ屋で手が出ない値段が付いてたので覚えてた
河原町のおっちゃんトコロで安かったので飛びついた
本国では無茶苦茶売れたらしい
(せやから中古が多い)らしい

ネットを見ると評判がいい、しかし僕的には×ですな
んじゃ・このスターダストは?(なっとらんッ!)
アーティ・ショゥ楽団に居たビリーの足元にも及ばん

あのなジャズっちゅーのは進化せなあかんねん
そういう意味ではモダンは正しい路線やが
もうひとつの路線・巨泉曰く中間派っちゅ〜のんは家元制度である
と思うから形式と格式が確立しとらにゃならんではないか

渋くスイングするかストレートにスイングするか
この豪華なメンバーとどーも歯車が合ってない
中途半端なスイングはジャズをナメとるのである
と・いう独断と偏見に満ちたる個人的意見である

お好きな方は気になさらず絶賛して下さいまし。


続きを読む
ラベル: Epic LN 3377
posted by ドクた at 09:36| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

Muggsy Spanier - Pee-Wee Russell ‎– Ragtimers Volume 1

IMGP4016.JPG


同じ内容・ジャケちがいでLPが出ておりますが10インチ盤
1962年のリリースだが録音年月日がわからん

ぴぃ〜ウィ〜さんもマグシーの音も子供の頃の友達と
喋ってる・そんな感じが好きやな

ピアノのクリフ・ジャクソンて素晴らしい経歴で
クレディット見るまでぜんぜんわかれへんかったボントロ
ヴィック・ディッケンソンでビックリした
(かなり えーサポートしてます)

最後はぴぃ〜ウィ〜さんの愛奏曲「I'd Climb The Highest Mountain」
(う〜 何年の録音か知りたい)
もちろん動画もありまへんのでココはひとつ目先を変えて
プラターズもオモロイけどこのお嬢でイッときましょ


OBになってもGWに鉄道博物館 (めちゃ憂鬱やけど)
しゃーない 仕事行ってこ。

posted by ドクた at 15:53| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

George Wettling's Jazz Band (1951)

IMGP4003.JPG

(2015年1月)

エドモンド・ホールが好きかっていわれれば
(竹の子のエグぃのも苦手だ)

ディキシーが好きかって聞かれれば
それほンどぉ・・・

あ、しかしこういう演奏はえぇなぁ
どこがえーかといえば全員の息がピタッ!
と・おーてるトコなんやなぁ

テイク・ファイヴどころかテイク・わん
いっぱつでドン決まりという感じですがな

ザンネンながらレコーディングに立ち会ったワケではない
(生まれてません)




ラベル:CL-6189
posted by ドクた at 14:50| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

「Benny Goodman Presents Fletcher Henderson Arrangements」(November 22, 1939 February 23, 1953)

IMGP4001.JPG

(2015年1月)

ま、たまたま あったから買ったのでありますが
フぅ〜む、そやったんかぃ
昭和30年前後生まれの人はぜったい全員聞いてるなコレ

巨人・大砲・卵焼きって世代なんやけど
あのヴェンチャーズ以前か
ラジオとかTVでけっこうかかってた気がする
懐かしいけどこーゆーの聴くと

ヘンダーソンのボックスを聴きたくなりますねぇ
ビックス絡みが特に聴きたくなる。




続きを読む
posted by ドクた at 21:36| 京都 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Benny Goodman Trio「 Plays for the Fletcher Henderson Fund」 (1951)

IMGP4002.JPG

(2015年1月入手)

ヘンダーソンのアレンジを買い取ッたんは正解やったやろ?
やろ?やろ?やろ?
(ハイ!お義兄さま)

そのヘンダーソンが病に臥せっておる、みかん持って見舞い行ったけど
それだけでは、どんならん
治療費集めにミニ・コンサートやらかそ思てんねん
(サスガ!お義兄さま)

メンバーには声かけたぁ〜んねん
クラはバスター・ベイリーでぇ・・・
(ちょ・ちょっと待っとくんなはれ お義兄さん)

ナんゃ お前 (吹きたいんかぇ?)ちぇッ

と・けっこうなコンサートなんですが
上記のような会話があったよな気がしないでもない。


ラベル:Columbia GL 516
posted by ドクた at 21:06| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする