2016年05月26日

The Lou McGarity Big Eight ‎「Blue Lou」(1959)

IMGP4549.JPG

(2015年 2月入手)
ヌぅ〜ヨぉ〜クは「Bell Sound Studios」での録音である
しかしこゆのはイーストコーストジャズとは言わない
(当たり前か)

曲名に「Blue」が付くもの12点
ぶっちゃけた話・先日の白人トランペッターとは
レコを作る姿勢が全然チガウよに僕には思える

アレンジはディック・キャリー
(名前は覚えてるが誰やったか忘れてもた)
よぉ〜く練られて参加者全員の意思疎通っちゅぅのかな
(白人ジャズの伝統を感じる)

ジョージ・バーンズの参加が嬉しい
ココではカシコマッテル感じでギタリストとして
失礼だが器用な方ではない
しかしこの人のピッキングが大好きゃ

ジャズ・カタログ雑誌をめったに見ない僕だが
コレ名盤に入ってんにゃろか?
少なくともこの月買ったレコの中では僕のベストである。

posted by ドクた at 15:26| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THE BILL PERKINS OCTET 「ON STAGE」(1956)

IMGP4490.JPG

(2015年 2月落札やったかな)

ウェストコーストジャズ・イコール癒しってのぁ早計か
せやけど、くつろぎとかリラックスとは言えると思う

ま、ウェスト・コースト・ジャズをどーのこーのと言えるほど
昔っから聴いてたワケちゃうけど、たぶんお年頃か

昔ゃブラウニーのベスト・コースト・ジャズ聴いて
フぅ〜む、コレがウェストコーストかぁ
(なんて悦に入ってたんやから笑ける)

最近はビルの中古見つけるとやっぱコぉ〜てまぅなぁ
このオクテットのアンサンブルがビュぅ〜ちふる
スイングとモダンが共存しておるではないか

最後に「When You're Smiling」なんて演ってくれると
な?な?な?っと心がニヤけてくるのである
(あんましトンがり過ぎるとダメよん〜)。


posted by ドクた at 15:10| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Erskine Hawkins ‎「Swingin' In Harlem」 (1936〜1938)

IMGP4548.JPG

(2015年 2月入手ブツ)
ということで庶民リスナーの強い味方はTax盤である
ハーレムのディブ・バーソロミューか
アースキン・ホーキンスである

例えがヒジョーにややこしなったがアースキン・ホーキンスが
好きかと聞かれれば日本国民の過半数と同じく好きだ

ダレやソレ?という方もおられるかもしれないので
位置づけをしときますと
ミルズ・ブルー・リズム・バンドがラッキー・ミリンダー楽団に
変身していく過程のちょっと手前か

また例えがヤヤこしなってもーた気がする。

ラベル:Tax ‎– m-8014
posted by ドクた at 15:05| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

Yank Lawson And Bob Haggart With Jerry Jerome And His Orchestra(リリース 1962)

IMGP4552.JPG

(2015年 2月度の入手ブツ)
こういうレコは惜しい・・とは言いません
(あ、やっぱしな・・)です

ヤンク・ローソンにボブ・ハガート
(前回も手痛い目にあったではないか)
あ、しかし例のBぃGぃ御大かアーティー・ショウでの
同僚だったのかレイ・コニフとジョニー・ガルニェリに
一縷の望みを託すというか

いゃその前にやッスぅ〜ッ!という条件反射を
戒めなければいけない
録音は50年代中頃か
(んな事どーでもいいか)。

posted by ドクた at 00:06| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BLACK BANDS On Film 1928-1935

IMGP4547.JPG

(2015年 2月度の入手ブツ)ではありますが
またもゃ「Discogs」で調査してみるも「HQ 2036」も
「HQ 2039」も1985年リリース済と記載されとるが
コレは「HQ 2038」なんでその頃のリリースと推定しとこ
探し方が悪いのか(ネット見ても出てけーへんがな)

要するに1928年から1935年に上映もしくは制作された映画に
使用された音楽っちゅうことですな
で、古いニュース映画なんて独特の音の悪さってのを
感じますねけど(その通りの音なんです)

チック・ウェブにユービー・ブレイク
ノーブル・シスルはナニとして
ウォッシュボード・セレネイダースにドん・レッドマン
クロード・ホプキンス
けっこうな顔ぶれなのに惜しいレコであります。

ラベル:Harlequin HQ 2038
posted by ドクた at 00:04| 京都 | Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする