2016年08月05日

「Jug」の音 その7 (たぶん最終回)

IMGP3423.JPG

当ブログでたまに出演する僕のクルマ
26年間ワックスを欠かしたことなき美貌&風格
モーター・スポーツを語るのはまたの機会として

住宅密集地に棲息するビンボー人には蓄音機を聴く
資格がないのか、ナルホドこの音量なら赴任地の
将校クラブでダンスできるハズやと
ソレなりにナットクした

で、マトモな蓄音機試聴をするべくクルマに積んで
郊外まで我がヴぃ〜ヴぃ〜 2-55を連れ出した


続きを読む
posted by ドクた at 22:31| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ドクた、と僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする