2016年09月09日

カメラの話(K10D)

IMGP4898.JPG


これぁペンタックスの「K10D」というデジ一眼で
最近じゃ値段もつかないほど古いブツだがなかなかの名機やと思う
頑健なボディに色の出方が好きなのであります

先日・娘夫婦がウチに帰ってきて
いいなぁ〜・いいなぁ〜デジカメ・と言いながら義理のご子息が
頬ずりしながら当カメラをサワり倒すもんやから
(酔ってた事にも起因するが)

ソレでよかったらヤルわ(と・言ってしまった)
翌日目が覚めてずっしり後悔という
失恋にも似た心の痛みを感じた
(今さらやっぱりヤルのヤメじゃ)
てな事言えへんがな

(暗いトコロでも写るというだけにも思えるが)
当分手持ちの「K-5 II s」1台でいこと思う

さて、次期購入計画案を練った
フルサイズは高嶺の花だ、「K-70」なら買えそーだ
それでも高い(最低1年は待と)

しかしデジ一眼は僕には重い(山歩くのしんどぃ)
ミラーレスってのも魅力ありまんがな
フジフィルムがよさそーだ
(コレは3年ほど待つ必要がありそーだ)。


posted by ドクた at 22:04| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ドクた、と僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする