2016年10月19日

His Master's Voice

IMGP5527.JPG

お、おぃ バディもっと不思議そーな顔してホーン部を
覗きこまんかぃ(ムリやなアホ猫では・・)

あ、いゃ ゆぅ〜チ湯ぶのJazz Everyday!氏や
ジャンジャン横丁のあの画廊に対抗したワケではない

ナニを隠そう画家フランシスが描いたニッパーを・・・
えッ!はじめから気づいてた?
サスガ
(当ブログには知識人しか来られないワケだ)

見習いなさい ハシモトくん


続きを読む
タグ:蓄音機 78rpm
posted by ドクた at 16:14| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ドクた、と僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jazz Concert - West Coast

IMGP6182.JPG

(2015年4月入手)
Recorded July 6, 1947.
半分ジャケ買いで 普通のプレイヤーやったら聴けへんかも
という河原町のおっちゃん・お墨付きのコンディションの悪さ
(という事は相当な安値であった)

SP用の重量級カートリッジなら難なくトレースする
バップは道程期なのでディジーさんはお引取り願う
んなヒョーロン家や学者はんのカスタマイズ的発言を鵜呑みにしたらあかんゾ
(ハシモト)

バップはモップとかゲップとかゆーてた頃からジャズなのだ
パーカーはじめ始祖が開墾した土地を第2世代が耕す姿を見る
ジャズは生き物でアイ・エヌ・じぃ〜である
若いパワーとインスピレーションのほとばしりあってこその確立だ
(アイ・エヌ・じぃ〜のどこが悪い?)
母国USAもまだまだ若い国ではないか
(もろとヶ ノーベル)

ヌぅ〜オリンズの一部の型式がそれなりの道程を経て
ジャズというオトナになってまだまだ進化するであろう

50年代モダン・オリジナルが骨董的価値観をもっておる昨今
そこに渋滞しておるのは本来の姿ではない
(ワぁ〜ったか ハシモト)

ソレってオリジナル買えないヒトのヒガミでっか?
(じゃかぁっしゃぃ)

今度いっしょに写真撮りに行きましょ
(いやじゃ・ハシモト お前一人でイてこぃ)。

posted by ドクた at 16:00| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする