2016年10月30日

Big Band Jazz Of The 20's Jean Goldkette And His Orchestra  Featuring Bix Beiderbecke, Frank Trumbauer, Eddie Lang

IMGP6185.JPG

(20015年 4月度)
ということでアタマを冷やすためクールな1枚
(コレは持ってたか)
と・思わせたのは頂きブツのミズーリアンズ
(背景の印刷インクの色がよー似てますがな)
インクを始末しとるなRCA

ま、コレもTOMとダブって・・と思ったが
不思議とダブリ無ッシング、
「My Blackbirds Are Bluebirds Now」は当10インチが
本テイクで、オールド・マスターズ盤 TOM-47が
2回目と3回目の録音のようだ

気になるので本テイクとセカンドを同時に鳴らしてみた
(楽譜通りやから そんな違いありまへんデ)
セカンドの方が演奏時間が2・3秒短いようだ
(そんな細かい事気にする男ではない)

フィチュアリングに
ビックスとトランバウアーって書いてあるものの
スズメの涙的ソロ(といえるかどーか)
ま、エディ・ラングさんがけっこう聴けるので
善しとしておこう。
タグ:"X" LVA-3017
posted by ドクた at 22:44| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Benny Moten's Kansas City Jazz, Volume 1, Volume 2, Volume 3,(10", Mono)

IMGP6186-tile.jpg

釣りにも行けず10月も終わろうとしているので
2015年4月度の入手ブツの残りを記しておくと
全曲ダブりのRCAレコード"X" シリーズでXJAPANとの因果関係はない

ソコに3枚のベニーが居るから買ったのである
(次回見た時 買う気がおきるかどーか)
ましてコレ買わんかてよかったやん

てな事ぁユメユメ思うだけでもオゾマシぃ事案なのである
(ワぁ〜っとるな ハシモト)
はい、ワカリましてごぜぇます(隊長!)

10インチといえどダブりはもとより
3枚ぶっ続けて聴くとけっこうくるなぁ
(ゲぇップ)。
posted by ドクた at 22:29| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする