2016年11月05日

Various 「 Cruisin' And Bluesin'」

IMGP7192.JPG

(2015年5月入手ブツ)
ヤフオク落札レコで・こりゃぁノリノリ・レコですよ〜

Syd Valentineが「Asphalt Walk」なら
コッチはJoe Houstonの「Texas Walk」でドン決まりやがな
このストラトの入り方がたまらんのぉ〜ッ

(動画にゃ 無いな)
我慢せいょ ハシモト。

★★★☆

ラベル:ACE CHD 284
posted by ドクた at 22:06| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Various 「Byways Of Jazz」

IMGP7187.JPG

(2015年5月入手ブツ)
毎日・磨いてますと言えばウソになりまんにゃが
OJLと言えば・あのチャーリー・パットンの(頂きレコ)が
忘れられず心に染み入るのである

オールドなジャズの魅力はそのプリミティブさにあるかもしれん
だったら有名楽団よりローカル楽団を聴くべきか
(そりゃ 思慮が足りんということダ ハシモト)

ワタクシのような高貴な男が居る
そして・チミのような・・・人も存在する

昨日・雨降ったしデッタぃ道がぬかるんで
(デッタぃ今日は中止ゃ 思いました)

あのな、隊長が00:時に集合と言えば
雨・雪・地震・津波・ヤリが降っても来な あかんね
(隊長命令はデッタぃや)

その後お詫びのシルシにウ井スキーを・・・
(今回は許す)

っちゅーことでぇ
ナップタウンのSyd Valentine's Patent Leather Kidsは
「Asphalt Walk」コレでドン決まり
(動画・無ッシング)
我慢せーよぉ ハシモト

ところでオレ、オラクルのアレ持ってたかなぁ。

posted by ドクた at 21:58| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Lee Wiley And Bunny Berigan」The Complete Session Of April 10, 1940

IMGP7188.JPG

(2015年5月入手ブツ)
コレぁ ワイリー嬢のコアなファン向きレコでごぜぇました

リハーサルかワイリー嬢が突然・歌をやめる
バンドはおかまいなしに演奏を続ける
(いつでも入ってきていいぜ)という按配

そういう時の方がベリガンもブシュキンもいいソロを
演奏してる気がするなぁ

(片面づつならジックリ聴ける)
両面通して聴くとチトつらい。
★★


posted by ドクた at 21:52| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする