2017年04月01日

「阿佐谷界隈怪人ぐらいだあ」永島慎二(著)

IMGP6363.JPG

ふるほんまつりで見つけた、初版本ですナ

風に吹き飛ばされそうになりながら
旅をつづけるカエルとか・・

漫画家ってゆーよりあまりに詩的なんよネぇ
文章よりやっぱ あの画ですなぁ

この本を買った自分に★★★★ダ。

永島作品に似合う音楽を独断と偏見で・・「Tishomingo Blues」




posted by ドクた at 13:22| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「梟の城」司馬 遼太郎 (著)

IMGP2187.JPG

うって変わって今度は忍者モノを読んだ
伊賀忍者・葛籠重蔵(つづらじゅうぞう)の話だが
いつもの司馬遼太郎の作品とはちょっと雰囲気がチガウなぁ

昭和33年に出来上がったのかココから忍者ブームが
起こったようだ
読み物としてはフツーにオモシロかった。
★★★


あと読んだのわ・・・
続きを読む
posted by ドクた at 12:14| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「峠」(上・下巻) 司馬 遼太郎 (著)

IMGP2698.JPG

また、新世界の入り口にある古本屋で買った
(この状態で2冊で百円)
高いとも安いとも思わんがオモロかったらソレでよし

河井継之助、僕には竜馬より魅力的な人物と思える
立派な政治家だ、武士の世はいづれ滅びると知りながら
理想の長岡藩を追い求め最後は武士として散っていかれた方

なぜか読み終わって三島由紀夫のことを想った。★★★★★

去年末、阪神百貨店での司馬遼太郎展
(奥様が買い物したのでタダで入れた)


続きを読む
posted by ドクた at 12:03| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする