2017年04月06日

Earl Hines 4 Classic Albums Plus (2CD)(Remastered)

IMGP9751.JPG

(2015年9月入手ブツ)
LP4枚分の2CDでありますが・・・
(早まったか 最近8枚分の4CDで安いの出てまんがな・もー)

CDのあり方ってコレでえーのんちゃぅかなぁ
LPの名盤1枚オリジナルを装って紙ジャケにしても
(しょせんCDですがな)
ほな、膨大なるmp3のCDR音源では?
ソレは困りまんにゃが(発売するなら百円未満なら買ってもよい)

さて、ジャズピアノの創始者はトランペットスタイル
と呼ばれておりますが
僕ぁ 直球鍵盤スイングと名づけたい
どんなに速くまた些細な音にもまったく妥協がない
直球ストレートな指使いと音の調和が考慮されとりまんねゃ
(コレを専門用語でハーモニーっちゅーのか?)

どれも悪かぁーないが順位をつけますと

1位「Paris One Night Stand」1957  ★★★★
2位「 Earl's Pearls」Released 1960  ★★★
(Guitar – Calvin Newborn!)
3位「The Incomparable Earl "Fatha" Hines」
   Released 1957(粋なヴォーカル) ★★★
4位「A Monday Date」 Released 1961
             (編曲大げさ) ★★

総合評価 ★★★☆
(かなりいい部類っちゅーことです)。


posted by ドクた at 22:30| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする