2017年07月10日

Prez And Chu 「Tops on Tenor」

IMGP5126.JPG

(2015年12月度ブツ)
クリスチャンのボックスにプレスさんのカンサス
いったい何曲おんなし曲持ってるねん オレわ?
と言いたくなるほどのダブリブツだが
レスター氏とチューの旦那のカップリングが嬉しいのだ

A面レスター氏は「The Kansas City Six」から
1938〜1944の録音(と・推察)
B面は「Chu Berry And His Jazz Ensemble」から
1938〜September 1941録音っちゅーことで
事故の一ヶ月前でッか

なるほどチューさんは本家ホークも認めるホーク一門と
ネットや活字にもなってる・世間の常識か
(ちょっと 待ったらんかぃ)

音楽学術的な一致性っちゅーのは知らんけど
バラードなんかの解釈は僕には 
おんなじよーなニオイがするねんなぁ

チューさんのココで聴ける「サニー・サイド・・」
もちろん先日のアーチブにおけるレスター氏とは解釈が全然チガウ
せやけど・・ゃ
レスターのサヴォぃ録音「ジーズ・フーリッシュ・・」と
おんなじニオイしまへんか?
(ま、他にも僕にはおんなじニオイするの あんにゃけどネ)

ホークとプレスを繋ぐ愛の架け橋がチュぅ〜って、
ちょっとキモぃか エルドリッジとの録音が有名だが
個人的にはジョー・トーマス、バック・クレイトン
ああゆーヒトとも演ってほしかったなぁ

ま、当レコ・コンディションは悪いが もともと音がえーみたぃ
それに別テイクを何回も聴かされるより
一発コレゃという編集もえーのんちゃうかな。





ラベル:Jazztone J-1218
posted by ドクた at 16:16| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

蓋付きウイスキー・グラス

IMGP3868.JPG

前から欲しかった 蓋付きウイスキー・グラス
(安いのを見つけ買った)
香りが逃げない・チビチビ飲るのにとても良い
モンクはノー・チェイサーだが僕には要る

以前紹介した国産ウイスキーは高くなりすぎて
買うのをヤメた
安くても飲める酒を探すのが大変ダ)

そんな折、歯の被せモノが外れた
すぐに修理できるだろと歯医者に行くと
「底の底まで虫・食ぅ〜てまっせ」と2本も抜かれた
(ウイスキーなんぞ 飲んでる場合ではなくなった)
トホホ

で、口の中がまるでサイボーグみたいになったワタクシわ
続きを読む
posted by ドクた at 22:43| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入り・道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

Bix Beiderbecke 「The Rare Bix」(1927.〜1929)

IMGP4758.JPG

(2015年12月度ブツ)

お口直しと申しましょうか コレぁタップリ・ビックスである
15年の12月は一杯飲みに よ〜(頻繁)オーサカへ行ったと推察される

たしかにあのコロンビア盤も美味しい
しかし貧乏人の味方スワッギーもやってくれるもんだ
トランバウアー楽団主体(ジャズらしなってきたがな)

深山の渓谷から風となって現れるビックス
ラング氏の楽団との馴染み方・これまた美味しいのであります

もっともダブリもありますが
(スワッギー集めョかなぁ)。
ラベル:S1218 Swaggie Records
posted by ドクた at 21:56| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

The Bix Beiderbecke Legend Volume 5 - "Alternate Bix-Bis" (1926-1928)

IMGP4867.JPG

(2015年12月度ブツ)

じつを言いますと・買って1回聴いて放置状態ブツでした
書くにあたって聴きなおしますと・・

(あら ナント言う事でしょう)
不思議と何回も聴きたなるねんなぁ
3回目くらいでやっとビックスのソロが確認できました

同じような年代のキング・オリバー楽団とは
かなりの距離を感じるジャズであります
そしてかなりのヨーロッパ音楽の影響下にありますナ

各自のソロはヌぅ〜オリンズの戒律ではなく
室内管弦楽におけるソレの様相
という事でソレをまったく否定するものではありましぇん
なぜならソレなくしてジャズの前進はなかったですやろ

つまりトミー・ラドニアだけでなく
ポール・ホワイトマン楽団を聴かにゃ片手落ちってもんだ
(当時・ピート・ブラウンにうつつをぬかしてました)
と・ゆーのは理由にならんど。




posted by ドクた at 22:30| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 「京都レコード祭り」

IMGP6556.JPG

本日ぁ 休みだった、朝からグルリと滋賀県を回って
撮影活動に専念した、天気予報は雨やったのに晴れたので
熱中症になりかけた(予報出したら 守ってほしい)

撮影活動はキリがないので昼で打ち切り
(ナニかと忙しいのである)
そそくさとビックリ・ドンキーで昼飯食って
京都までレッツ・らゴぉ〜

いつもは公共交通で行く「河原町のおっちゃんの店」
忙しいので本日ぁそのまま京都南座まで乗りつけ
パーキングに入れた、先日・北部の観光地まで行った時
大陸系観光客が僕のクルマに群がり記念撮影してた
(ホンマの事実です)

と・ゆーことでそそくさと今回も
おっちゃんトコロからヤフオク戦利品を回収できた
(あと・歯医者の予約時間が迫ってるねゃ)
と・目にとまったのが「京都レコード祭り」のチラシ

河原町のおっちゃんも参加されるらしい
スイング・ディキシー系をドバっと安ぅ〜して・・・
(というコメントを頂戴した)

28日はたぶん休みやけどぉ〜
(日本海からの帰りはしんどソぉ〜)
やけど行くようにします 
全国の良い子のみなさまも行くようにしましょうネ


オマケは本日・撮れたての画像(暑かった)
続きを読む
posted by ドクた at 22:16| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする