2017年07月23日

Rex Stewart And The Ellingtonians ( 1940. 1946.)

IMGP4756.JPG

(2015年12月ブツ)
遊んでばかりいられない
(ゲットブツの紹介こそ本業ダ)
ナニを書いたか書いてへんのか(ワカランようになってきた)

コレもあんまし聴いてないレコだが
レックスってヒトは 同僚から人気があったのか
かなりの同僚からの支え方をされとる

ビガードもローレンス・ブラウン、カーネイーもいいプレイだ
(スキップしてハシャいでる姿は想像したくないが)
こんな生き生きしたビガードはわしゃ知らん

B4の「Loopin' Lobo」が聴きモノだ みなさま気合が入っとる
それでもゃ どーも好きになれんレコだ
選曲とか編集がマズぃのかなぁ
一番美味しい音を出してるのがピアニストのビリー・カイル氏

ジミー・ジョーンズは親っさん代行かと思いきゃ
自分名義のオマケの2曲か
(同じレーベルのスモールなんちゃらとダブリゃ)
あちらで会えれば
いちどキープ・ニュースに苦情をゆーたる。

暑いけど例のシェイバースが調子コぃてる動画でも・・
(リズム陣が珍しいメンツかな)



posted by ドクた at 08:29| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする