2017年09月29日

Various :「 St. Louis Jazz 1925-1927」

IMGP5894.JPG

(2016年度1月ゲットぶつ)
ついでと言えばナニでっけどコレも書いとこ
前回のダラス録音と好対照なLPである
(どっちかツぅ〜とコッチが好きゃ)

ジャズがヌぅ〜オリンズからシカゴへいく過程の地
セントルイスか(詳しい事は知らんが)
コチラ・前回テキサス・ブルースと年代も近く
演ってるのもクラシカルなブルースが占める

あ、しかしバックの演奏がでんでんチガウ
カテゴリーは純然たる 例のジャズである
ただし・・・我が国におけるジャズ喫茶では
近年・鳴ったためしがないと確信する

ジャズはわかる以前に聴くモノだ
あ、いゃ 聴かずとも買うモノなのだ
(せやから オレぁ買うのに忙してロクに聴いてへんねゃ)。





posted by ドクた at 21:42| 京都 ☀| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Various 「Texas Blues」 (Dallas 1928)

IMGP1335.JPG

で、ポール・オリヴァーさんは 
たぶんポール・ホワイトマンみたいな感じやろな
と・勝手に思たんは大きなマチガイでこんなオッサンだった



続きを読む
ラベル:Retrieval FB 305
posted by ドクた at 21:27| 京都 ☀| Comment(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルースの歴史 単行本 ポール・オリヴァー (著), 米口 胡 (翻訳)

IMGP2196.JPG


っちゅーことで コレぁ去年のふるほんまつりで
ヤフオクよりかなりの安値でゲットした

ナニ?「ペグ・レグ・ハウエルに意外と紙数を割いている」
そーでしたんかいな、コレぁ3・4回読み直さなあかん
(と・思いながら)ナニかと忙しく・・

ただ 読了後コレを引っ張り出して
(聴いた記憶はある)


続きを読む
posted by ドクた at 21:19| 京都 ☀| Comment(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天才たちのジャズ (宝島社文庫) 後藤 雅洋 (著)

IMGP8658.JPG

ま、モダンのカタログをと思て
今年のふるほんまつりでコぉたんやけど

よせばいいのに文章を読んでしもた
(オモロなかった本に属する)

店で鳴らしてるのが唯一のジャズみたいに
思てはりまんにゃろか
たかが黒人音楽のひとつの表現法やがな
世界は広いんやから(広角度な視野を持ったらんかぃ)

ドルフィーのセリフの裏をかえせば空気の振動と静寂は
カタチもないし目に見えへんけど無限なんゃ

無限な感動に言葉や文章で柵を作るのはオカシがな

ジャズがわかる?
(おれ わからんでもえーと思た)。



posted by ドクた at 21:14| 京都 ☀| Comment(4) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

Various 「 Old Time Music At Clarence Ashley's」(1960)

IMGP2179.JPG

(2017・2月の頂きブツ)

オギさんのブログで見たクラレンス・アシュレイさんが
気になって、このLPを落札した
(やる時ゃあ チビらず果敢&華麗なる行動をおこす)

あ、しかしですな・送金してもブツを送ってこない

どないなっとるんじゃぃと・・ゲンブツが無くなったらしい
(あの落札価格ならブツが無くなるのも当然か)

で、お詫びとして貰ったブツだが・・・
不思議と魅力的なかなりの魅惑の音源である

(タダやがな ま、コレでえーか)。



ラベル:CDR
posted by ドクた at 09:46| 京都 ☔| Comment(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする