2018年10月15日

Various:「AC-DC Blues」 Gay Jazz Reissues Volume One

やっと2016年も12月度の音源紹介にこぎつけた
この月はありがたい頂きブツ


年が明けてスタッシュ・レコード
エロパワー説で煙に巻いた感があるなぁ

そーだ・そーなんだスタッシュ・レコードを も・1枚


IMGP9175.JPG

(2016年12月度)
Stash Records ST-106

なぜか白と黒のジャケに分かれるレコだが
ゲイ・ジャズとあるように同性愛に的を絞った編集か
ジャズと言ってるがブルース・カテゴリに入れる

近所のジャスコにおて手つないで買い物する男性カップルも
珍しい風景ではなくなった(個人の自由開放区だ)
ま・レイニー女史の綴りがマチごぉてるぞ

中身はペグ・レグさんを筆頭に
僕にはけっこうマニアックであった
(えーごがワカランからサッパリだ)
アッチの方もサッパリなのはゆーまでもない
(言わしなさんな)

しかしスタッシュには執念を燃やしてたのか(ついでの)あと2枚



続きを読む
posted by ドクた at 10:22| 京都 ☁| Comment(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

足裏にタコ

IMGP7259.JPG

せっかくの休日、雨でどこにも行けない
晴れてもどこにも行けなかったと思う

30年ほど座席に座る仕事してきて
いきなり立ち仕事やから足にタコができて
病院には行ったが重症だ 歩けへん

神は私に試練を与えて下さってるのか
(最近 ヘニング・マンケルを読んだ)
ボロ布とガムテープで踵を作り
患部に当たらない工夫をして仕事してる
(ガメついからだ)

で、本日ぁ百二拾えんで買ってきた洗車スポンジで
カートリッジ・キーパー作りをした
(なんぼ入札しても予算内ではびくとも落ちまへんねゃ)


続きを読む
posted by ドクた at 11:27| 京都 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

V.A. 「BLU LU WEE BEA & BABY DEE」

IMGP7952.JPG


(2016年11月入手)

あたしの脚ってソソるやろ・もっと上の方も触ってみる?
めちゃその気になってまぅやん もぉ〜
(って お父さん!シャキーンにビコぉ〜んですょ)

んな歌詞をカマトトぶってブリっ子しながら歌うんだから
以前オススメして下さったコメンテーターはロリコン変態オヤジか
(そーゆー方に限って社会的日常生活に溶け込んでおられるから)
名前は伏すとして・・・
ブルー・ルー嬢は あのダニー・バーカーの奥方である
したがってバックのセクステットの演奏が非常に良い

(発情期に入った楽士は日頃よりレヴェルの高い演奏をする)
過去からのデータで定説化されておるのは以前述べた通り
ちなみにオガタは年間通しの発情期だ(ロクな仕事ができてない)

話がそれたが僕の好みは絶対ベアトリスことビー・ブーズ嬢!
(カモぉン)「あたぃに ついておいで♪」

ボ・僕ちゃん どこまでも付いていきますヨぉ〜ん
(って気にさせるからイイ女だなぁ)
バックのオルガンはラリー・ジョンソン
テナーがジョージ・ケリー

こんなの聴きながら ししとうつまんだら
発泡酒でも我慢できるってもんだ

(11月の飲み会 オガタ お前は遠慮しとヶ)。


posted by ドクた at 12:15| 京都 ☀| Comment(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

V.A:THE TERRITORY BANDS(1929-1933)

IMGP7075.JPG

(2016年11月入手)

当レコ ジャズオラクルのリッチモンドとか
ジェネットとかと(だぶりまんがな)

あ、しかし テッド・スミスのリズムエイシズに
LA録音のディキシー・セレネイダーズって
なかなか立派な演奏集団ですな
(フロッグのウェスト・コーストを探そかな)

ほてからこの年代でいうのもオカシーかもだが
当レコ録音が優れております
この手はCDでえーかと思ってたんやけど・・・

LPぃに 惚れなおしまんがな・もぉ

(おっちゃんのセリフ)
この手のレコは1ダース単位で買って帰るヒトが多いです
( CJM を1ダースまとめ買い?)
満腹状態はイカン お年頃には腹八分目
色んな食材を摂るのがえーねん。


posted by ドクた at 11:33| 京都 ☀| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

Various :「 Party After Hours」(1940年代)

IMGP8402.JPG

(2016年11月入手)
2015年に再発されたのかソレを買っちまった

アラジン音源やからバックのラッパ陣は
マクスェル・デイヴィスが仕切ってらしたと推測
ワイノニーの太鼓はジョニー・オーティスでマチガイなぃ

クラウン・プリンス・ウォーターフォードって珍しいお名前だ
トヨタ・日産・フォードと・・・
「自動車ショー歌」はクラウンレコードから出ておった
ちなみにB面は「ほらふきマドロス」である

小林旭とエイモス・ミルバーンが同居する飲み屋

(そんな店があってもいーじゃねぇか)

タニグチ 11月は行くどッ!


posted by ドクた at 09:29| 京都 ☀| Comment(0) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする