2019年02月26日

私家版ブックレット

この2・3日で春めいてきた
本日から少し連休だが前日が深夜勤務なんで
(起きられっかぃ)
こんなえぇー天気やのに季節ガラ税務署の用事を済ませ
近所の公園に立ち寄ったら梅が咲き始めてた


_IGP0292s.jpg


(オバちゃんは おやつを探してるようだ)

このままご近所徘徊撮影活動でもしたいトコロだが
第一懸案事項を処理することにした
(あ、オガタが期待してるよな エッチな事案ではない)


続きを読む
posted by ドクた at 23:01| 京都 | Comment(0) | ドクた、と僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

Billy Taylor's Big Eight「Night Wind」(1944)

IMGP7548.JPG

SP盤の話が出たんで2018年10月に入手した
1枚のエピソードを報告しときますと
「Keynote K-615 A」でありますがビリー・テイラー名義で
録音が NYC,1944年の8月1日っちゅーこと
レーベルに"Hervey”というアルト・サックス奏者
(コレ どー考えてもホッジスですねゃ)

キーノート600番台・カタログをみりゃワカルが
(ケータイPCを持たないオレ)
確認のタメ現地・出品者のおっちゃんにかけてもらった
1コーラスどころか1音聴いただけで
おっちゃんはレコを止め 無言の頷き・・・
(やろ?やろ?)

(しもた・・・やす売りすぎたがな もぉーッ!)
という苦悶の表情もかいまみえた気がした事ぁ
(ココだけの話にしておきたい)

メンバー良しで
隠れた名演と思うのは自己満足イガイ
ナニモノでもないか?
(オレぁ 気に入ってるゼ)。


posted by ドクた at 08:30| 京都 ☀| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

コレクター

i-img846x1200-1543736040x6wwkx895767.jpg


ヤフオクで見つけたセーターである
僕がこのセーターを着ると
たぶん絶対・確実ホームレスと間違われると思う

僕が出会うホームレスの人たちは僕のより
かなり上等なスニーカーを穿いておられる事実に
(約2時間ほど悩むときがある)
いゃ スニカーやセーターの話ではない

見よ 背景のコレクションを!
(全部 78rpmではないか)
コレが全部パラマウントやなんかの
戦前ブルースならどーしてくれるんだ?

毎日この景色を見る感覚は
純度120%の幸福感であろう

人間 幸福を願っての営みやがな
ココに生命の源泉が存在するのである

う〜 僕ちゃんもシアワセになりたい

最近・感動した出品画像である。



ラベル:78rpm
posted by ドクた at 08:26| 京都 ☀| Comment(5) | ドクた、と僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

パトリック・ハイド

IMGP9508.JPG

読書感想文のつづきでありますが
前回のクレイグ・トーマスってゆーか
パトリック・ハイドにハマりっぱなしの日々であります

ガント少佐の影に隠れていたのもあるが
日本冒険小説大賞にて一度も1位をとっていないのが
見逃していた原因と推察した(あー 勿体なぃ)

第八回日本冒険小説協会大賞(1989年作品)にて
「闇の奥へ」へが惜しくも2位
ネットじゃヒギンスより上という意見もあるから
ハンターより上位はワタクシのジョーシキである

あらすじやトーマスの魅力は他サイトで閲覧できるんで
本日ぁ スパイモノに関しての記述は控える

いちおー 音楽ブログなんでパトリック・ハイドの
容姿及び音楽趣味なんぞをワカッタ範疇で報告しておこう


続きを読む
posted by ドクた at 21:57| 京都 ☀| Comment(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

Stuff Smith 「Cat On A Hot Fiddle」

IMGP4139.JPG

(2017年4月入手ブツ)

白状しますとワタクシと同じく詩人の心持つ
エディの方が好きなんです

しかしですょ ダレがなんちゅうてもジャズ・バイオリニスト
っちゅーたらスタッフ・スミス ナンバー・ワンです
あのビブラートのパワフルさはBBの比ではないし
猛烈なるスイング感は他のバイオリニストわ
ねきによれまへんデ

っちゅーことで1959年8月にワシントン、
同年10月のハリウッドでの録音から成るLPで
それぞれバックは別口のピアノトリオが受け持つ
(テイタムとバトルする音源てないもんかな?)

全盛期は過ぎてはおるが(んなモン カンケあるかぃ)
と・自分自身にも言い聞かせる筆者であるが

A面4曲目の「Nice Work If You Can Get It」
ラストコーラスのプレイがおチャらけた音楽性
というか人間性が出ていて
こりゃたまらん好きな1曲やが
(スマン 動画無ぃですネ)

せやけどこの記事はよかった。
ラベル:MG VS 6097
posted by ドクた at 10:44| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする