2019年05月09日

J. J. Johnson* And Kai Winding 「Jay And Kai」(1956)

IMGP7521.JPG

(2017年7月レコ祭りゲットブツ)

A面はカイが何曲か編曲しておるが 
この辺りのプレイヤーになるとレコの一定水準をキープしておる
ブルーとかダイアルとかコレが名盤だ
というご意見が活字にも見受けられるが
僕の一番のお気に入りは「First Place」
中でも「For Heaven's Sake」という短いバラード曲が
大の大のお気に入り曲である

この曲のボントロパートをトミーやジェニー
ジャックやジミー・ハリスンにアタマの中で演らせる
ローレンス・ブラウンが似合いそうだが以外と
アービー・グリーンがいいじゃねぇか
なんてほくそ笑む(変態だ)

さて、J. J.はバード系である 同族にマイルスが居る
40年代ジャズを支配したのはバードである
49年に録音されたのか50年代にレスターのテナーは
「クールの誕生」として復活するのである
クールといえば変態トリスターノであるが・・・・
(あ、コレ以上の事ぁ 受講料を徴収せねばならん)

よいかハシモトこの記事に関して真剣に予習しとけょ
ほんでたまにはウイスキーなんぞ持って
うめづに挨拶に来たらんかぃ

追伸:タニグチ、他会社員を伝達係りに使用するのはヤメろ

(ブログを電話代わりにするな?)了解。


posted by ドクた at 11:25| 京都 | Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする