2019年10月30日

「Earl Hines Plays Duke Ellington Piano Solos Volume 2 & Volume 3」

IMGP1733.JPG
(2018年1月入手)

数を聴こ思たらCD2枚組みっちゅーのも出てるみたいやけど
ピアノの音になると・・そしてこの内容はやっぱLPですやろネ

えーと1枚目のレコがVolume2になるワケか
録音日が1972年11月27日
("Satin Doll"のみ 1971年12月10日)
2枚目Volume 3が1974年3月18日
(いずれもヌぅ〜ヨぉ〜ク録音である)

ちなみに本家がプレイしたのは53年やったか
アレが良けりゃ コレもじつに良いではないか
単音ひとつ聴いてもあん時のアンサンブルが蘇る
(敬意の表れだ)

本日のように秋のまったりした夜に
ゴージャス&贅沢に当安レコをじっくり聴きこみたい
しかし新しくも中古をまた仕入れたんで
ソレの試聴もしなければイケナイのだ

どぉーしてくれるんだ オガタ!
(オレの顔見て不敵な笑ぃ)
アレやめてくれへんかなぁ(オネガイ します)。


posted by ドクた at 21:35| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

New Orleans Owls 「The Owls' Hoot」(1925〜1927)

IMGP2139.JPG

(2018年1月落札ブツ)

ジャズ誕生から今日まで何年になるのか
んな事ぁ業界誌に任せるとして

ジャズ草創期における白人が注入したエッセンスは
全て当CD捨て曲なしにブチ込まれており
時代が変わろうとカタチが変わろうと
ソレは常に継承されていったのである

っちゅーことでヌぅ〜オリンズ・オゥルズと発音するのか
いゃヌぅ〜オリンズ・アゥルズの方が現地っぽぃ気がする
(どっちゃでもえーけど)
先日SP盤を発見した・・・・けどスルーしてもた

(お前・捨て曲無し っちゅーたんちゃぅんヶ)
今度見つけたら必ず買います・(か)。





posted by ドクた at 08:35| 京都 ☔| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

Bing Crosby 「Crosby Classics」(1932・1933)

IMGP2148.JPG

(2018年1月入手)

ホワイトさんを買ったらクロスビーも買わにゃならん
と・ハーモニー激安盤もチョイすしまして

ま、限りなくポピュラーに近いジャズと申しましょうか
ただ32年の「St. Louis Blues」のバック・バンドの音に
キっ!と殺気だったワタクシ

クロスビーで調査しても見当たらず
やっぱエリントン名義やった

ソレならそーとジャケ裏に書いとかんかぃ。


posted by ドクた at 21:29| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

Freddie Hubbard - 7 Classic Albums(60〜62年)

IMGP1730.JPG
(2018年1月入手)

ワタクシ・ガメツぃビンボー人御用達・廉価CDにて
あまりお付き合いのなかった楽士と交流を持とうと
さらに中古品という念の入れようで入手

昔・ジャズ喫茶でよく鳴ってた気がしますが
やたらジャズってるゾぉ〜てな感じか

(聴いた事ないけど)
ハバードは「閃光」てなライヴ盤を出してますナ
閃光って稲妻みたいな一瞬の光かな

まさにハバードってソレです
(後が続かへん)
僕の定規で測ると致命的です

チぃ〜ん。


posted by ドクた at 22:01| 京都 ☀| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

Paul Whiteman & his Orchestra Volume2(1926 1927)

IMGP1731.JPG

(2018年1月入手)
やっと去年2018年の音源入手紹介までこぎつけたゾ

このオランダのレコード・レーベルがイマイチよくわからんのだが
ペラジャケを超越した優秀なレコ作りに感心する
(マトリックスから各ソロイストが一目でワカル)
とりあえず年の初めにポール・ホワイトマン楽団を買った

ポール・ホワイトマンって業界の黒幕っていうか
仁義なき戦いの山守みたいなイメージやッたんやけど
偏見無用 じつにヨロシ

どこがえーっちゅうたら出てくる音が楽しいのである
コレぁビートルズとおんなじ感覚なんスょねぇ

(オガタには無理だが他のみなさまにはご理解いただけると思う)
んじゃ・雨の中 山仕事に出発(憂鬱ゃ)。


posted by ドクた at 11:03| 京都 ☔| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする