2019年10月24日

2017年の年末

IMGP1277-vert.jpg

昨日の夜はナニを食ぅたかぃナと首を傾げる昨今だが
2年前の年末にゃ ヤッすぃドーナツ盤を買ったなと
思い出した

えーとそれからゴネたワケでもないのに
タダで貰ったCDRも気になって
全部聴こうと結局2枚組CDを買ったなぁ



続きを読む
posted by ドクた at 10:08| 京都 ☔| Comment(2) | R&B, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

2019・初秋の読書感想文 3

IMGP3823.JPG

「黒と青」(リーバス警部シリーズ)
イアン ランキン(著) 延原 泰子 (翻訳)

タイトルはストーンズのアルバム名からとられたものだ
著者も主人公リーバス警部同様かなりのロックファンである
その章の雰囲気として60年代70年代のロック音楽が登場
(知らん曲やとなんのこっちゃサッパリゃ)

バイブル・ジョンと呼ばれる実在で逮捕されていない殺人鬼と
新しい事件との絡みの話でスコットランドの
エジンバラ、グラスゴー、アバディーンという行った事も
想像すらできない土地が舞台であるが

リーバス警部はなかなか魅力的な男だ 
手柄を部下や友人に譲る気前の良さ 
そのワリに自分が内部監査を受け悩まされる
そこに権力の腐敗と政治家及び
警察組織の堕落をおちょくる皮肉屋でけっこう根性ある

一匹狼的要素があるが人格がヒトを追従させるのである
(わぁ〜ったか?オガタ)
っちゅうことでぶ厚かったが★★★だ。

さて、次はダレも待ってないと思うが(お待ちかね)
アメリカは南部の話やゾぉ


続きを読む
posted by ドクた at 10:00| 京都 ☁| Comment(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

2019・初秋の読書感想文 2

IMGP3821.JPG
「わが手に拳銃を」高村 薫 (著)

お気に入りの高村 薫せんせぃでありますが
いつものことながら書くにあたっての調査が
中途半端やなぃと伝わってきますなぁ

7歳の時・鉄工所と教会の間に隠された拳銃を手にしたときから
拳銃に魅せられていった男・吉田一彰 七百丁の拳銃を
削ってきた男もまた4歳の息子に・・

運命の出会いリ・オウと日本脱出か
いゃ なかなか痛快なんやけど
なんで高村さんが描く男って哀しくもカッコえーねんやろ?
★★★

次も日本軍 お気に入りのシミタっちゃん・ハドボぃどダど(古い?)


続きを読む
posted by ドクた at 10:00| 京都 ☁| Comment(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

2019・初秋の読書感想文

前回は夏季読書感想文であったか
けっこう読んでるよーで 忘れたらあかんので
今回は初秋の読書感想文としとこか・・・

いやぁ 山ん中で1人で仕事する業務が月に何回かあって
モーレツに仕事するのは4時間のウチ1時間ほど
あとトイレ掃除と草むしりで30分身体を鍛えて
残り2時間30分はCD鑑賞だが装置がショボぃんで
どーしても本を読むことになる


IMGP2613.JPG
「ウッドストック行最終バス」
コリン デクスター (著), 大庭 忠男 (翻訳)

当一発目の読み物は40年以上前に古本屋で気にとめたが
買わずにずっと気になってた本で(ロックとは無関係だった)
TVでやってる中年になったモースやがな

ミステリーっちゅーのはどーもまどろっこしぃ
★★☆

(先を急ごう)次は「夢果つる街」で読んだトレヴェニアンだ


続きを読む
posted by ドクた at 14:30| 京都 ☁| Comment(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

カートリッジの話 つづき

IMGP7204.JPG

さて、庶民の手にどーしても落ちないGTSとは永訣した
(けっこう変わり身早いんです 僕ぁ)
予算はアル!っちゅーことで別の女性・・
ではなくカートリッジをネットで漁ると

専門店から新同のモノラルカートリッジが出品されとる
大手電気屋のオーディオ部に ごめんやすと行くより
(3万もお得やんヶ)
ダイヤモンドは永遠だ
(腹いせにコレ イてもぉたった)

よく考えれば僕の場合モノラルでえーにゃがな
それにしてもモノラル録音を
モノラルカートリッジで再生すると・・・フムフム

オリジナル盤とは相当 音の違いがあるブツも存在するらしいが
(比較するブツを所蔵しとらんから)ワカラン
ラグビーしかり我が日本軍も捨てたモノではない



続きを読む
posted by ドクた at 10:53| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする