2019年11月05日

「Shake It Down」 Back To New Orleans 1925-1929

IMGP2137.JPG
(2018年1月 落札ブツ)

我が掘っ立て小屋は現在建て直され頑健なる
キュービック状態だが工期が去年12月から今年1月と
いっちばんサブぃ季節にやりやがって

正太郎少年と僕ぁ寒風吹きすさぶ寒空に追い立てられたのである
ドクたさぁ〜ん さっヴぃーッ!
(案ずるな少年 この仕返しは必ず実行する)黒幕はオガタだ

っちゅーことでヌぅ〜オリんずはクレセンツシテぃでの録音集
白黒混合ジャズブル混合フロッグはえー仕事しとりまっせぇ〜(ホール)は
ビバップだ(かんヶなし)

ドーシーブラザーズの出発点からダブリのピロンちゃん
ピロリ菌なしウィンギーマろン・ミラーのピアノは掛け持ちだ

おーリリアン(ちょっとコッチゃ来い)一杯飲ましたろ
と・クラッシックブルースに酔いしれる

中でもテキサスからの旅の渡世人ウィル・デイ
クぅ〜ッ! バックのクラにこのギターワーク
おぬし デルタはミシシッピ藩のアコギ指南役ではござらぬか

してクラではない・ありゃ尺八でござる?
おぬし臨済宗の虚無僧に扮した幕府の隠密か
はたまた甲賀くノ一 忍びのオンナがクィルかクラか尺八か
ナニ?草笛と・・まぎらわしくもカッコえー音出しおって・もぉ〜
(勝手な事ゆーてたら研究家にドツかれますョ)

心配無用じゃ 零細ブログじゃけぇ
(ダレも見とらんて)むふふふ。




オマケはCD関連・今年5月の戦利品である


続きを読む
posted by ドクた at 22:21| 京都 | Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする