2019年12月31日

大晦日ガチンコ紅白ききくらべ

レコード大賞は世間より1日遅延した
お詫びに紅白歌合戦を時間を早めて放送したい
(と・思てたが娘夫婦が もー始まってますョぉって)
見たことないから知らんがな(お前ら勝手に見とヶ)

さて、エディ・ハワードの歌声に嬉々としてたのは1年前か
(1日の労働は長いが1年の月日は早すぎる)
今年ゃこの人のこの曲に感銘したロイ・エヴァンスの
「RO-RO-ROLLIN' ALONG」


IMGP3003.JPG
COLUMBIA (USA) 2198D 4/10/30

一方女性歌手では「Ellabelle Davis」というソプラノ歌手


続きを読む
posted by ドクた at 20:52| 京都 ☀| Comment(2) | ドクた、と僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JACK COSTANZO 「MR BONGO」(リリース2015)

IMGP2508.JPG

本年度の我が倶楽部におきまして総合年間最優秀音源
と致しまして当2枚組みLP「ミスター・ボンゴ」に決定します、
2枚組みといえばオールマン「イート・あ・ピーチ」に
ザ・バンド「ロック・おぶ・エイジズ」に並ぶ
例えがアレだが名盤だ!(と叫びたぃ)

かのマックス・ローチもチャノの影響でキューバへ修行しましたが
当コンスタンゾ氏もボンゴを演る前にコンガの修行にかの地へ行かれた

我が幼少期よりリズム・セクションと言えばドラム・セットに
エレベが絡むという装いでありましが 
ラテンにゃドラム・セットのかわりにボンゴにコンガに
わけワカメな打楽器がリズムの極地を疾走いたしまして
その分ベースがフリーダム賛歌を歌い上げるのであります

おぉ なんという開放感でしょう
今さらナニゆーとんじゃぃという意見は無視して
音の坩堝に酔いしれどツボ節にスーダラ節もオマケする
あのフェザー氏に「ミスタームぅ〜んライト」ではなく「ミスター・ボンゴ」
と言わしめた技術にビックラしよぅではあ〜りませんか

コレぁちょっと珍しい
    ↓
続きを読む
ラベル:JMAN LP 081 jazzman
posted by ドクた at 18:23| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする