2020年02月19日

ウィントン・ケリー/枯葉  (1961年7月)

IMGP5487.JPG

(2018年5月入手)

オーサカ日本橋でデート、待ち合わせ時間までまだ10分あるぞ
と・飛び込んだレコ屋で目に付いたブツを即ゲットして
小ぶりな吊り下げバックに入れた
LPはジャマになるがドーナツだとジャマにならん

デートの相手はオーサカで1人暮らししてる次女
美人系だが性格が父親にソックリで毒の吐き方が3倍
(だから当然・独身)
かなりの酒豪でリーズナブルでない店での食事が好き
(だから僕の財布が軽くなる)とほほ

それにしてもケリーってアッチの方も
コレだけ淡白なんやろか?
(娘の前でそーゆー話はすんなって・・・)

あ、この月また「弘法さん」へ行ったか


続きを読む
posted by ドクた at 13:16| 京都 ☀| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

Various ‎:「 Backwoods Blues」リリース1954年

IMGP6524.JPG

(2018年5月入手)

えーと2018年5月といえば新職場で長時間勤務のタコ部屋状態
と・記憶するが元職場の組合脱退費を秘密裏に我が手に握り
オーディオ構築に舞い上がっておった(と・思い出した)

で、この月にゃ「Premiered By Ellington」も入手して
1月に入手した例の"X" ‎シリーズ「Kings Of The Blues」に気をよくして
リヴァー・サイドのブルースって珍しやん(と・落札に踏み切った)
「Kings Of The Blues」が戦前の「美」ならコチラ「ダぁティー」
1927年から1932年までのパラマウント&チャンピオンレーベル
78rpmから成る

知ってる名前はバディ・ボーイ・・あとジョンソンと載ってるが
ブルーンジーやないヶ
キング・ソロモン・ヒルっちゅーのがめちゃカッコええけど
謎の人物らしいし「Lonesome Atlanta Blues」は当時
コロンビアに在籍してた焼肉屋「ボブ」のおっさんが
バイトしよったんちゃぅケという憶測があるが

そーゆームじゅかし話はブルース歴史家で
世界史の権威バビロン教授が万が一ご存命なら
カレーうどんすすりながら調査されているハズである。


posted by ドクた at 15:19| 京都 ☁| Comment(0) | Blues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

アカデミー作品(グリーンブック)

51oR9Stm2tL._AC_SL1125_.jpg

昨日は今年のアカデミー賞、招待されてないのでTVで見てた
アカデミーとかグラミーってのぁ
やっぱしUSAはエンタな御国柄やなと思う
(ゲージツ性の欠如とまでは言ってないから気にすんな)

去年は「グリーンブック」が3部門受賞か 家人が録画したので
今頃チラ見したがキング・コールのエピソードを交えた
最後に訪れたのはアラバマのバーミングハム
権威あるホテルで一悶着あってその後は土地の
ダウンホームなるバーで地元キャツとセッション

この辺りから挿入歌がくだけてきて
雪が降ってヌぅ〜ヨ〜クの我が家へ帰って
(メデタシ・メデタシ)
ラストのラスト 字幕が出る頃合い挿入歌が
ヌぅ〜オリンズR&B・2連発
(なんでゃねん)
もっかぃ確認しょ思たが(録画を消しよった)
(サウンドトラックを確認するもこの2曲は入ってへん)

とにかく話の中でヌぅ〜オリンズへ行ったシーンがないなら
ヌぅ〜オリンズ・サウンドを挿入するのは軽率だ
(教授に責任はまったくないが)
音楽が絡んだ映画ならばこそ・そゆトコロをきっちりすべきだ
ヌぅ〜ヨ〜クへ帰ればレイ・チャールズ・・・
っちゅーのもベタやしココはひとつサム・プライスでいったらんかぃ

チト古いが映画「パリ、テキサス」ではライが
アコギ1本で賄ったがタイトル通りジャンゴと
ライトニン・ホプキンスを挿入すべきだったのである
その昔「ルシアンの青春」では成功しておるではないか

来年アカデミー賞に招待されたらクリス・バワーズと
この件について話し合いたい・てな事ぉ考え
本日たこ焼きで一杯飲りながらニヤニヤしてもて
周りの女子高生からキモがられた

(イオンモールのフードコートで飲むのはヤメる)


気分転換に このレコ見つけたらジャケ買いゃあ。


ラベル:映画鑑賞
posted by ドクた at 21:28| 京都 | Comment(0) | ドクた、と僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月09日

The Al Casey Quartet

IMGP4821.JPG

2018年の4月に入手したのではなく発見した
買ったのはたぶん2017年7月のレコ祭りと推察する
(進行しているのかもしれん)

あの「Buck Jumpin'」と同じく1960年の録音か
かなり様相を異にする(エレクトリック主体)

ファッツ氏からキング氏とギターを持った渡り鳥
個性が薄いのか器用ビンボ〜なる印象
60年といゃあ あヴァんギャルドなる背景にて場違い
アコギからエレも時代の流れよのぅ

それでも不動なる歌心の存在が捨てがたい
世に名手ながら一家を構えられなかったギタリストは
スターダストの如くやから
ココはひとつシンボーしたらんかぃ


ここで業務連絡:主任である緒方章乃進に厳命する
(カワ○ラに防護服とマスク二重の着用を指示しとヶ)
構内をウロチョロしてたら武市偏ペータが取り押さえる事

      以上。


ラベル:Moodsville MVLP 12
posted by ドクた at 13:02| 京都 ☀| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月07日

Various:「All-Star Festival」

IMGP4819.JPG

画像にはないがコレも帯付き ついでの「弘法さん」
こんなブツまで手を出したんやから資金に余裕があったのか
(資金に余裕があれば縁日でレコは買わんやろ)
と・ゆーのが真理である(と・考察中)

まぁジャズからシャンソン、ギリシャからイギリス民謡と
あらうんどザ・ワールドなるレコで1963年世界中からリリース
いくらか難民に寄与できたか不明であります
気分転換に聴こか(というキモチ)にもなりまへんなぁ

よく考えれば2018年3月一杯まで30年ほど登城した城から
失業保険も手にせず再就職っちゅーか4月1日から
右京別邸タコ部屋に放り込まれた運命の時期ではないか
アレ以来僕ぁタコ部屋難民獄中生活を強いられておるのだ
(マンデラさんも頑張った ボ・僕もガンバんベぇッ)

ご憂慮には及びませぬぞ・拙者体重は減りもうしたが
京都守護職・毒蛇乃守でござる(章乃進に偏ぺーた 付いて参れ)

タコ部屋ドアを蹴破り大脱走の暁にゃ 
あのゲシュタポ女看守の髪の毛をワシヅカみ
左手で愛車を操作し 市中引き回し
(河原町から北大路・西大路・東山を最低3回)
我が七星剣を汚すもおぞましい女看守は堆肥にしてもたる

うう〜 ハード・ボイルドの血が騒いできたゼぇ
(番組途中ですが)
マンドリンを大型化したブズーキの音を聴いてみましょ

posted by ドクた at 21:50| 京都 ☁| Comment(2) | ドクた、と僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする