2020年02月28日

Charlie Parker :「The Cole Porter Songbook」

IMGP5524.JPG

(2018年 6月入手・ポイントでゲットブツ4枚目)

1950年から1954年の録音がオリジナルだがCDは
1952年のホッジスやらウェブスターとの競演が
ボーナスとして1曲入ってる(当然ダブってますが)

パーカーもコール・ポーターが好きやったんか
楽曲に乗って歌い倒しておるゾ
多彩なる共演者も色を添えてまんがな
パーカーらしくないという意見もございましょうが
コレまた楽しいCDである

・・・って・調子コぃて書いてまんねけど
自分のポートフォリオを見まいとして
(見てもーた)
お先真っ暗(不死身の僕も立ち直れる自信なし)

コロナのドロボぉーッ!

っちゅーことでパーカーの「Begin The Beguine」もえーけど
ポーター氏の「What Is This Thing Called Love」を
いち早く取り入れたジャズミュージッシャンは
ナニを隠そう Bubber Miley である。




posted by ドクた at 22:58| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする