2020年07月24日

Sahib Shihab ‎– And All Those Cats (1964〜1970)

IMGP9291.JPG
(2019年 1月入手)

サヒブ・シハブってけったいな名前は改名しとるのか
この人の音楽にモンクを見つけるのは
少し見つけにくいかもだが
どこかでモンクとの繋がりっていうか
精神的なモノがあると思てたんやけど

日頃読めないから放置状態の英字のブックレットを
ヒマにあかせてめくったら
1ページ目にモンクの英字が出てきて
クッ、先を越されたか
と・なぜか悔しい思いをしたのである

あ、はぁ〜ン ブルーノートの「Genius of・・」
アレに参加しとったのか

先日のペッパー・アダムスと同時期の録音であるが
かなりコチラの方が優秀なる中身だと僕ぁ思う
コチラ・あのケニー・クラーク
アチラ・エルビン
アルバムの良し悪しは技術だけではありまへんな
(と・変な関心をしてしまう)

さて、僕がこの音源で見つけたモンクの影は
「Stoned Ghosts」で、ん?となり
「CT+CB」で決定したのである

初めてこの1枚だけ聴いてこの人はモンク以前に真っ当で
正直で正統派ハード・バッパーでありますと評価した。



posted by ドクた at 21:41| 京都 ☔| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする