2020年07月26日

Benny Carter:3 4 5: The Verve Small Group Sessions

IMGP9292.JPG

(2019年1月入手)

聴衆の中のご婦人方に若干の迷惑をかけとる水兵1名
せんベロ状態(お姉ちゃんのパ〇ティ〜おくれぇ)
でへへへ
ステージから降りたベニー氏はつかつかと水兵のもとへ
2・3の連れらしき水兵(ナンボのもんジャぃ)

バッこぉ〜ンッ!
何事も無かったよにステージに戻り
アンサンブルの指揮を執るベニー・カーター氏
(これなんだよなぁ)
プロッパーのボックスから見えるイメージわ

そして知る人は知って知らない人には覚えていただきたぃ
あのチョコダンの立役者という目立たぬが
大きな存在感(キングゃ)

当CDではアルト・プレイヤーとしての魅力が
あっさりお茶漬け状態で聴けるのである
ドライヴする時ゃするが
やっぱ「The Birth Of The Blues」なんてグっと来るなぁ
控え目ながらバックの連中は大物揃いである

どーせペラペラブックレットなんやから
わからん英語を羅列するより録音年月日だけは
正確に記しておけっちゅーねん
(最近・調査も早くなってきたがやってられん)
たぶん確実50年代,1907年生まれやから60代のプレイとしとこ

まったく言ってる事わかりまへんにゃけど

カーター氏の紹介は9分40秒
(その前のホッジスもいいネ)

このオッサン顔見てるだけでもオモロイょん





posted by ドクた at 09:59| 京都 ☔| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする