2020年11月14日

Milt Buckner, Buddy Tate, Jo Jones ‎– Midnight Slows Vol 5

IMGP0092.JPG
Recorded at Barclay Studio, Paris, January 27th and 28th 1974


えー 大変ご無沙汰しておる次第ですが
(2019年2月入手ブツ)の最後はやっぱしこのシリーズで
テイト氏を筆頭にバックナー&あのジョーッ!ジョーンズという
豪華なるトリオでベースはバックナーの左手にギターは右手という案配

これはもームード歌謡と比較するのは銃殺モノ
不倫は文化ではない ズバリ(アレだ)
裏切りと知りながらその狂おしいまでに求め合う逢瀬の切なさ
(テイトはワカッテらっしゃる)オレ アンマシ・シランケド

オトナやから表に出せない激しい恋心を見事にテイトは
ずずずずぅ〜っと表現しなさって
今回の「Memories Of You」じゃ木管クラを使うってニクイじゃないの
バディ・テイト不倫はアカンぞ
夫婦円満仲良く暮らす事にこした事ぁ・・ない

しかしゃ えートシしたおっさんが
ヒトに言えない激しい恋に溺れ・自分を諦めボロボロになった
ハートを抱えながら日常を暮らす
(それもまた人生のお宝かもしれない)オレ アンマシ・シランケド・・

っちゅう事で御心あたりのある方ぁ
ぜひともこのVol 5 聴いていただきたぃ。




posted by ドクた at 17:55| 京都 ☀| Comment(2) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする