2020年11月28日

Milton "Mezz" Mezzrow Frankie Newton ‎「The Big Apple」(1934〜1939)

IMGP2031.JPG
あの野郎、尾見会長の文脈も理解できんと
フレーズだけの口パクかぇ
ウルトラ・ミニマム級の軽さ

あきれてモノ言えんが、おかげでこんなの買っちまったではないか
(あ、去年の5月入手か)

たぶんニュートンに飢えていたのか
ニュートンたったの3曲のみでウチ2曲は(持ってるがな)

せやけどメズローのLPってスキ好んで持ってないハズだ
そのワリに聴いた曲がかなり入っとる
人間トシは取りたくないがワタクシの場合
(ソレ以前にモンダイがあるかもしれん)

ダレがお書きになったのか
「それほど上手な奏者とは言えない」
という書き出しの活字を見た気がする
(ほったら・お前 吹いてみぃッ!)

と・言いたいトコロだが技術以上に情熱とゆーか
マニアの琴線にふれるプレイをする方は各ジャンルに存在する
そーゆー意味ではアート・ホーディスと並び
メズロー氏・上位を占める(ロック界ではアイツゃ)

と・思いたいがメズロー氏、ジャズメンよりグラス販売での
知名度が高い、ドン・W が書くような大手販売業でなく
極零細小売業・だがブツは在庫している

あきらかに格が違う音楽家との共演は
この在庫目当てっちゅー推測に
それほど狂いはないと信じておる

シカゴの青少年に多大なる悪影響を及ぼしたが
葉っぱを通じての人脈構築は音楽の情熱が
あったればこそである。


posted by ドクた at 11:01| 京都 ☀| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする