2021年05月15日

2021年・巣ごもり読書感想文 第3弾

IMGP5688.JPG
「悪魔のスパイ」 (ハヤカワ文庫NV)
マイケル・バー=ゾウハー (著) 広瀬 順弘 (翻訳)

1910年代パレスチナに住むユダヤ人はごく少数で
大方の人はアラブ人同様トルコ帝国に服従していた

トルコを支援してたのがドイツでありイギリス
おフランスを尻目にバルカン半島から中東の
支配を狙っていたのである

そんなユダヤ人一家のアーロンソン家
美貌の娘サラ・アーロンソンがリーダーとなり
仲間や恋人とトルコ軍の軍事機密を探り
イギリスに情報を流していたのであるが

裏切りがあったのか一家全員トルコ軍に逮捕
恋人は拷問の末処刑、サラはその時のために
持っていた拳銃で自殺を計った・・

という史実をもとに創作してマイケルが書き上げた作品である
せやから実在のT・E・ロレンス少佐やマタ・ハリ
はもちろん登場するが
あのエゲツないトルコ軍司令官ムラド・パシャも
実在の人物である

この作品に関しては今回感想は言わない
現在コロナ禍のドサクサ時に交戦中の地域がある
(マイケルはイスラエルの国会議員もされた作家である)

世界的に影響力のある当ブログの管理者として
戦争に影響を与える発言は計り知れないので
私の発言は差し控える事ぉご理解願いたい


さて、次はハイ・レヴェルな名作だ



続きを読む
posted by ドクた at 16:08| 京都 ☁| Comment(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする