2021年10月15日

Jelly Roll Morton 「New Orleans Memories」

IMGP9830.JPG

Reeves Sound Studios, New York, December 14, 1939.

(2020年 4月入手)

1939年にGeneralに吹き込んだ78rpm、5枚分を
オレもオレもと各会社がSP盤を再発したようだ
SPも再発しながら味をしめたのかLPまで
作った会社のひとつにコモドアがある

ジャズ・ファンの方にはこのレーベル人気なのか
昔・雑誌で取り上げられてた気もするが
コモドアとかマジェスティックなんか
SP盤に関しては粗悪品が多いと個人的には思う

やはり老舗のビクター、デッカが無難ゃ
と・当レコとはカンケない話になったが
コレはレコからCDRを作り例のチープな再生機で
毎晩聴きながら寝た(大変気持ちよく寝られた)

キースもかけるがあの唸りが耳につき悪夢を見る
(悪夢については機会があればジックリ書きたい)
それよか当盤、再発を繰り返すほど
ジャズ・ファンに人気あるのか(ソレがギモンゃ)

大体ジャズ・ファンはインター・プレイ重視
技術に舌つづみを打ちサッカーのゴールでワメきチらす
テクニカル派が多いよに思える

一方戦前ブルース・ファンは情緒派
じっくり音の韻に身を委ねるからスケベちゃんが多い
しかし世界史の先生や米国某大学講師という
インテリ派も見受けられる(僕ぁ・・・・・)

ま、音楽業界では大なり小なりこの二派が
せめぎ合い多種多様なるグラフも描けそうだが
流されてはいかん

と・モートンが新オルレアン家の風景スナップや
絵を描いて諭してくれてる気がしないでもない
(と・ゆぅレコである)。



posted by ドクた at 20:55| 京都 ☀| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月09日

ラクラク・ラック移動大作戦

IMGP0309.JPG

現役時代、将来こういう贅沢品は買えないだろうと
落としておいたオーディオラックの脚部分だが
鉛筆の先みたいな部分が金具に乗ってるだけ

床に段ボールの切れ端をかましてるが
移動の際(よう外れまんにゃがな・もぉ)

業を煮やし10月度今月の目標と掲げたのが
例の穴掃除の為のラクラク・ラック移動大作戦である


続きを読む
posted by ドクた at 15:27| 京都 ☀| Comment(0) | ドクた、と僕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月08日

Bud Shank – Barefoot Adventure

IMGP9822.JPG
Los Angeles, CA, November, 1961

(2020年 4月入手)

映画音楽かサーフィンしてる人には人気があるみたいやが
じつのトコロ買った当初から気に入らんかった

書くにあたってオソルオソル聴いてみたら
一人一人のアドリブプレイはいいんです
特にカーメル・ジョーンズってペットは
かなりイイぞ!(って気づいた)

モンダイはやっぱしアレンジやな
タイトル曲のテーマ部で(もう アカン)
カンニンしてくれって感じやもんなぁ

それと大ヴェテランのシェリー氏は
このメンバーに合ってない感じもする
(ベースがピーコックやデ)
コテコテのホルモン屋でシャブリを注文する人
(んなモン あるかぇッ)

しがない高架下のラーメン屋
電車の通過時には天井からコショウのような・・・

IMGP8624.JPG


ソコへこのようなチャリンコを乗り付ける
個人の勝手かもしれないが
どーも釈然としないのは僕だけではないと思う。


posted by ドクた at 10:13| 京都 ☀| Comment(2) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月01日

King Oliver – King Oliver (1923)

IMGP9828.JPG

(2020年 4月入手)

10月になってもーた今月もオーディオの
穴掃除&ベランダの金属部にワックスがけ
目標として障子の張替えも優先課題である

このレコ?(聴いてません)
大概知ってる曲ばっかしという事もあるが
ジャケが案外いいんで音も期待したけど
録音がなっとらんッ!
エピックてソコソコのレコ会社なんやから
こんな仕事してたらあかんがな

お年頃になると食べ放題はいらんねん
少量でも美味しい音が聴きたい
それほど贅沢な事言ってるとは思わん

それにしても「Camp Meeting Blues」を聴く度
あのオッサン・上手いこと装飾しよったな
と・ラブコールを送りたい。

ラベル:Epic – LN 3208
posted by ドクた at 14:51| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする