2021年10月15日

Jelly Roll Morton 「New Orleans Memories」

IMGP9830.JPG

Reeves Sound Studios, New York, December 14, 1939.

(2020年 4月入手)

1939年にGeneralに吹き込んだ78rpm、5枚分を
オレもオレもと各会社がSP盤を再発したようだ
SPも再発しながら味をしめたのかLPまで
作った会社のひとつにコモドアがある

ジャズ・ファンの方にはこのレーベル人気なのか
昔・雑誌で取り上げられてた気もするが
コモドアとかマジェスティックなんか
SP盤に関しては粗悪品が多いと個人的には思う

やはり老舗のビクター、デッカが無難ゃ
と・当レコとはカンケない話になったが
コレはレコからCDRを作り例のチープな再生機で
毎晩聴きながら寝た(大変気持ちよく寝られた)

キースもかけるがあの唸りが耳につき悪夢を見る
(悪夢については機会があればジックリ書きたい)
それよか当盤、再発を繰り返すほど
ジャズ・ファンに人気あるのか(ソレがギモンゃ)

大体ジャズ・ファンはインター・プレイ重視
技術に舌つづみを打ちサッカーのゴールでワメきチらす
テクニカル派が多いよに思える

一方戦前ブルース・ファンは情緒派
じっくり音の韻に身を委ねるからスケベちゃんが多い
しかし世界史の先生や米国某大学講師という
インテリ派も見受けられる(僕ぁ・・・・・)

ま、音楽業界では大なり小なりこの二派が
せめぎ合い多種多様なるグラフも描けそうだが
流されてはいかん

と・モートンが新オルレアン家の風景スナップや
絵を描いて諭してくれてる気がしないでもない
(と・ゆぅレコである)。



posted by ドクた at 20:55| 京都 ☀| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする