2021年11月26日

Various ; The Midway Special(1923〜1925)

IMGP0220.JPG
(2020年 5月入手)

Midnight Specialはしー・シー・あールで
こちらはThe Midway Specialである

エサ箱から引き抜き裏面のクレディット見ると
20年代一人のコルネット吹きの記録を
網羅追跡したブツと見破るのは
長年のキャリアがモノを言う
(と・自画自賛の境地に浸り)

ムフぅカワイイやつょのぉ
(と・調子コぃて買う)
そして、このご時世ダブリは
避けられない無駄という甘美なる
贅沢に勝手にせぃッと酔いしれる
ので・ありますが・・

先日のクレセント・リズム・シティー
N.O.R.K.音楽監督はピアノの
エルマー・シューベルは
シカゴ・夜の殿堂、ミッドウェイ・ガーデン
からの依頼で出演すべくバンド編成に着手した
時は1920年代初頭の話である

こうしてリスナーはリッチモンドから
シカゴ、途中NYにも立ち寄り
またシカゴという時空を超えての
USA音の旅に誘われるのである
(千円程度とは破格の海外旅行だ)

旅のガイドはアーサー“マーフィー”スティンバーグ
メンバーはそれほど変わらんのに
オリジナル・メンフィス・メロディ・ボーイズに
ミッドウェイ・ガーデン・オーケストラ
またはミッドナイト・ダンス・オーケストラに
ザ・シカゴ・ブルース・ダンス・オーケストラ
という大それた名前に変えて録音すると
(コッチはややこしてかなわん)

あと、アル・シーゲルと彼の楽団
(お聴き逃しなきよう お願いしたい)

続きを読む
posted by ドクた at 20:35| 京都 ☀| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする