2010年08月23日

Jean Goldkette And his Orchestra 1924-1929

RIMG5592.JPG


つづきの前にカテゴリー「ジャズ」をいっぱつカマしておきます

まずはじめにジーン・ゴールドケットさんは
ジャン・ゴールドケットと呼ぶ方が正しいと僕ぁ思う
なぜならフランス生まれでギリシャ育ちだからで
ジャン=ポール・ベルモンドはJean-Paul Belmondoで
Jean Goldketteという綴り・でジャン・ギャバンしかりである

暑い夏・暑い部屋で白人バンドとはいえ最高に熱い演奏を聴くのも一興かと

1927年マンハッタンは「ローズランド・ボールルーム」
当時ビッグバンドの無敵艦隊・風格をムンムン漂わせる
フレッチャー・ヘンダーソン楽団全員をオシッコちびるくらいビビらせ
奈落のど・ツボへ落し入れたのは (ナニを隠そう)
ジャン・ゴールドケット楽団だったのである


goldkorchnobix1.jpg                                    
たしかに白人楽団を思わせるメロディやハーモニーを感じる箇所もあるが
とにかく黒人楽団と相違を感じさせない熱い演奏が大半を占める
クレディットが無いのでナンですが 僕にはビックスが確認でません
(てぃんまテん)
4821857457_1bc32ce432.jpg                 
トランバウアー・ヴェヌーティはばっちりでアコーディオンも聴こえる
このボントロも凄いがスティーブ・ブラウンっておっさんか?

ハイポジのブラントンにペティフォード?4ビートの起源はペイジ?
んなムじゅかしぃ検証する前にコレ聴きなはれ
ベースは弾くのでなく打楽器か(もの凄いサウンド)
ポップス・フォスターも脱帽ですがナ
jean_goldkette.jpg
さてギリシャから家族はロシアへ移動したがシカゴの親類から
音楽でメシ食うならUSAへ来いって・来たのが1911年
ジャン氏12歳、クラシックで歯が立たなかったのかダンス音楽で生活
評判がよかったらしくシカゴの業界大物エドガー・ベンスンに目をかけられ
新興デトロイトへ楽団・リーダーとして赴く

お上品なお客さまにはソッポを向かれヤケクソでタップ・ダンス風ラグ音楽
コレが良家のお坊ちゃまお嬢ちゃまに大うけ・グッドマンと似た話
(いつの時代もUSAは脚が肝要か)

cake1.jpg

1922・3年 景気ついてビルを借り入れたのが大正解、
大衆に音楽宣伝ができて自分の思うホットなジャズを世に問い
もちろん成功されていかれた(ぁメリカン・ドリぃ〜む)
しかしヨーロッパ時代のホーバスと会ったのが運のつきか
(あ、はい長くなりますので)
レックス・スチュアートの文献を参考にした話はこのへんで・・・

211-MD-CD.jpg

けっきょくこの楽団を引き継いだのがポール・ホワイトマン
ビックスにトランバウアーやラング、ヴェヌーティー、ドーシー兄弟
その後大成していくもの凄い音楽家達を配しもの凄いジャズを創造発展に
生涯を捧げたジャン氏が未だ正当に評価されとらん!

と・いう理由にレックスは当時の評論家自体ジャズをまだ理解できていなかった
それとじっさいの演奏とレコになった音楽では雲泥の差がある
と・2点をあげておられる

しかし僕ぁこのレコを聴いた限り後者は当てはまらないのでは?
(と・思った)。


posted by ドクた at 11:58| 京都 ☀| Comment(4) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TOMのはデータがまるでないのが痛いね。
ゴールドケット楽団でのビックスを確認するレコードなら
RCAの『Legend』がいいです。

カナ表記については、油井先生の「カナ書き談義」(『ジャズの歴史』
所収)の論を僕は採っております。
だから「ジーン」でいいんです(笑)。
Posted by カフェソ山崎 at 2010年08月25日 22:51
あ、はい痛いです
それでもココで聴けるペットも物凄いです
とにかく白人さまがメタメタ研究してはりますネ
こういうトコロから南北戦争がはじまったんで
しょうか?(笑)

「カナ書き談義」?ソレっておまけだったんスか
僕の中古本にはもちろん付いてません、
やはりその人が世に出たというか後世に名が残る
活動をした国での読みを優先させるって事?

しかしゴールドケットさんが「わしゃ クレオールの血を引くフランス人じゃぃ」
せやからジャンと・・・
ちょっと待ちなはれ
クレオール人がフランス人の血をひいてまんにゃがナ
ま、ジャンとかジーンどっちでもヨロしねんけど
ネットで「ジャン」は皆目出てきまへん(苦笑)

それはそうとこのTOMレーベルですけど
以前陛下さまTOMならエディ・ミラーっておっしゃってましたよ・・・・ネ?ネ?ネ?
TOMではないですがあの白人サックス・最近めちゃくちゃハマってます 
(たまらんデス!)



Posted by ドクた、 at 2010年08月26日 17:19
エディ・ミラーではなくて、エメット・ミラー(Emmett Miller)。
これは、ぜひ聴いてもらいたい。
白人サックス??
Posted by カフェソ山崎 at 2010年08月26日 23:02
えッ、はぁ、たはは・・・エメット?
(とうとう始まってきたんでしょうか)
ご回答ありがとうゴザイマス

ね、眠たい・・・・
(飲んでたワケじゃござんせん)
エメットぜひ
(完全保存コメント)笑。
Posted by ドクた、 at 2010年08月27日 05:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: