2011年06月21日

Count Basie and His Orchestra Four Classic Albums (1953-1957)

R0020635.JPG
(April In Paris/King Of Swing/Atomic Mr Basie/The Greatest! -
 Count Basie Plays, Joe Williams Sings Standards)

さてぃ!言わずと知れたカウント・ベイシー楽団である
みなさんはご存知かと思うが僕ぁ あんまし・・・・
30年代40年代は持ってますヨ(若干)
う・うん いいネ(いいのはワカル)

その前にわしゃぁ ナニを隠そうエリントンファンである!
エリントンが精密機械の如くシカゴ・ブルースコンボなら
ベイシーはアーシー・ウェスト・コースト場末のブルース・バー
夜もふけリフ・リフ・リフでノってくるとヘッド・アレンジで
(全員好き勝手放題)もうー 手がつけられん状態!
おぃ ステージでのセックスは許さんど!って
(そこまでは しなかったか)
っちゅうことで安もんLPちまちま買うより話が早い
CD2枚組でLP4枚分じゃぃ(住宅事情にもやさしいではないか)

とにかく威勢のいいサウンドにびっくりで、
もちろんここまでくると好き勝手はなしアレンジも立派

結論言うと「アトミック・・」が一番よかったよに思う

昔っから貿易屋がアルバイトのつもりか輸入盤の店でよく見た
高校卒業した頃だろか廉価盤でもよく見た
「日本人ならこのジャケは買わんやろ」と思った
いまもそうだが僕にはウブなところがあるようだ (すまん乃)

さて次はルビー・ブラフなのだが(あんまし聴いてない)
なんでかってツマらんからである
R0020637.JPG
Ruby Braff - Three Classic Albums Plus 

この人の魅力はやっぱペットのパワーやと思うんですが
 「Hi-Fi Salute To Bunny」(1957年)ナット・ピアースって結構好き
で、ベニー・モートンが参加するも精彩さに欠けるっていうか
バラードを聴かせられないってかダレるのはやっぱ問題あるデ

Easy Now(1958年)ここではマンデル・ローの参加が嬉しい
 「Little Man, You’ve Had A Busy Day」コレがマシか

CD2枚目「YOU'RE GETTING TO BE A HABIT WITH ME」(1959年)
このアルバムが一番よかったよに思う、
目立たへんけどハンク・ジョーンズの存在が効いてる感じで
マンデル・ローがじつによろし

「The Ruby Braff Octet with Pee Wee Russell」(1957年)
ニュー・ポートのライヴであるがThese Foolish Things での
ピぃ〜ウィ〜氏のソロがよろしが他と咬みあってないのがザンネン
へてからルビーよりピぃ〜ウィ〜氏よりバック・クレイトンより
ジミー・ラッシングの登場でソロイストの影が薄ぅなってますねゃ

3件にウォルター・ペイジ1件にミルト・ヒントンって
この手のジャズにゃ最高といってもいいベーシストを軸にしたリズム・セクション
はっきり言って世界最高峰の踏み台を用意されて
これくらいのジャンプ&スイングしかげけへんのはちとツライ乃ぉ
いちどオリジナル盤でも買って聴き比べてみよか
(ウソです)。

posted by ドクた at 07:12| 京都 ☔| Comment(4) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕は持ってないけど、てっとり早くたくさん聴くには
この4in2ってのはよさそうですね。
『エイプリル・イン・パリ』と『アトミック・ベイシー』は
よく聴きましたが、残りの2枚は聴いたことない。多分。
あとニュー・ベイシーだと『ベイシー・イン・ロンドン』なんかが
好きです。
Posted by かふぇそ at 2011年06月22日 11:43

さいぜん
郵便屋はんがきて
「これ京都からどす」
ゆうて
ツバメ印のソース置いて行かはりました
ボくはヤクルトつばめーずが大嫌いですねん
なんでかゆうたら
巨人には負けたるクセに
中日りゅうちゃんずに手厳しいんですわ
(今シーズンの対戦成績6戦1勝5敗)
三連戦のたんびに
イシカワ
タテヤマ
ヨシノリ
の三本柱をじゅんばんにぶつけてきますねん
去年
中日りゅうちゃんずはリーグ優勝したんですけどね
ヤクルトつばめーずだけには負け越しましてん

 え?
 わしゃ野球のことはヨォわからん?


そうですか

ほんで
これどこのソースやろ思たら
なんと
あのゐ〜さんの家のほん近所ですやん

 え?
 ゐ〜〜さんにあのもこのもない?

まあそうですね
ほんで
さっそく「とんかつソース」の方を
プレーンクラッカーで試してみました
酸味が効いてて美味いです
これは
使てる果物がちゃうなと
ウラを見たら
野菜・果実(りんご、トマト,たまねぎ、その他)

ありました
たぶん
「その他」の中に
びっくりするもんが入ってるんやと思います
うちのとんかつソースは
ずっと前から大阪のヒシウメソースで
甘みが強ぉてお好み焼きに合いますねん
これは
どっちかゆうたら
もうちょっと高級な味で
とんかつにあうと思いました

 え?
 なんです?
 せやから?
 とんかつソースて書いてあるやろ?

まあ
そうですね

ほんで
ウスターソースの方ですけど
うちは
あんまり使いませんねんけど
買い置きは大昔から神戸のオリバーソースですねん
これも小皿に取ってしゃぶり比べました
もぉ
ぜんぜんベツモンでした
やっぱりつばめソースのほうが
酸味が強ぉて上品な味です
これは使てる果物がちゃうな思てウラを見てみたら
野菜・果物(たまねぎ、にんじん、にんにく、その他)とありました
いっこも果物入ってませんやん
それとも
その他の中にびっくりするようなもんが・・・

いやもぉ
ヱヱもん送ってもろてすんまへん
なくなったらまたお願いします
ほんで
ソースのオマケに付いてたCDですけど
デュークエリントンか思て期待したらアレでした
どっちかゆうとボカァこうゆうのがナニで
せっかくもろといてアレなんですけど
もしこんどソース送ってくれるときのオマケは
エリントンかカウントベイシーでおねがいします

そうそう
ゆうのんわすれてました

 「おおきに」

え?
礼ゆうのんおそい?
Posted by さーさーきんぐ at 2011年06月22日 15:28
山崎陛下さま

あ、はい4in2ってのぁ時代の要求かもしれません
ほて、どーしてもこーしてもたまらん
(わしゃカネ持っとるど)
という方ぁこの中からオリジナルを狙う
(それでいいんじゃないでしょうかネ)

オリジナルも日本盤も要らんど
(という僕には打って付け)
それにしてもいいノリですねぇ
よく考えらればベイシーを聴かないけど
クレイトンやジョー・ジョーンズのアルバムが
めちゃ好きなんです、

ソレをカンサス・ジャズって言ってもらうと
「ちょっと待ったれぃッ!」
と理由無き反抗心が湧き上がるトコロに
偏屈変態精神と申しましょうか
ヴィンテージ・ジャズファンの拘り&心意気を
爽やかに感じる今日この頃でゴザイマス(苦笑)。
Posted by ドクた、 at 2011年06月22日 23:55
さーさーきんぐさま

お礼やなんてナニを水クサぃ
先日ぁ遠いトコロをコメントいただきまして
(みなさんビックリしてたみたいでっけど)

ナニを隠そう飲み歩いたらそこら中の酒屋が
「ツバメあります」てな張り紙で
(気になって気になって)どんならん

ぼ、僕ぁ子供の頃から「イカリ」ですねけど
僕もついでに「とんかつ」仕入れましたが
お好み&タコ焼きに結構なバランス感覚を
持ってるんではないでしょうか、どゃ?

で、工場がウチの近くて でんでん知らんかった
んでっけど
近日中には工場に出向いて徹底なる調査結果を
ネットにてご報告できればかっこエエやんヶ
と・思っております、

で、エリントンかベイシー?
(ナニを贅沢言うてはりますのん)
とにかくCDR聴きなはれ。

Posted by ドクた、 at 2011年06月23日 00:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: