2012年05月30日

WOODY HERMAN 「Woodchopper's Ball」(1958 - 54りりぃス)

R0022568.JPG

何人もの美人ハリウッド女優と結婚した男
うらやまチぃ〜ッ!なんて生易しい感情は湧かない
(最近・やっと自分というモノに気づいてきた)
ムリゃ・・
(ちなみに今月16日はこのおっさんの誕生日だったらしい)
年代?(ジャマくさい)んな事気にしてたらseesaaでブログ書けるかぇ
デッカゃがな・ブランズウィックちゃぅど
(んな事気にしてたらブログ書けるかぇ)

っちゅうことでタナボタ男ウッディー・ハーマン
なんでもないよなクラが前後のアンサンブルで美味くきこえる
(タナボタフレーズと命名したぃ)
たぶんエルドリッジやな?(吹っ切れたプレぃ)
50年代行方知らずになったマギーを思い出す
マギーっ!どこ行ってもぅてん?
(注:ハワード・マギーのことでベニー・モーテンとは関わりの無い事です)

あ、はい 若干酔ぅて書いてます (だって書きたいんだムぉ〜ん)
ランスフォード楽団を彷彿とさせながらも
英米に憧れたあの日の和製GSって(少し言い過ぎか)
その黒が曼荼羅模様になってまたいいではないか
タナぼたなら時代を受け入れよう
かくしてバップ街道を突き進むウッディ楽団(わしゃ行くど)
(ナニをいまさら?)
安かったからである (コメ予防ライン国防第二師団任務完了)。

え・と先日ぁ たしか「昭和の日」だったか?昭和と言ゃあ
ひばりではなく僕の場合・言わずとしれたアーティー・ショウである
(なんでやねん?) 知らん


R0022567.JPG
Artie Shaw 「Moonglow」 (1956リリぃす)

ま・どっちかつーとやっぱショウ氏の方が好きかなぁ
女性ヴォーカリストが登場すると
(も・この際どっちでもえーやんヶ)
っちゅことになりますねやが・・・・

うん・コレも安かったからついネ
せやけど、こーいうの聴き直すとやっぱいいですヨ
チンドン屋さんを実体験した者の郷愁かなぁ
えらくデカぃ音してびっクラ(?)したのを思い出します。
posted by ドクた at 22:40| 京都 ☁| Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: