2012年07月11日

Red Norvo「 Wigwammin」(1938)

R0023074.JPG

イライラ・カリカリしながらブログ書くのも健康上よくないが
(ついでやがな)
ノーヴォさんと言えば例の「タコ踊り」よ、も・いちど
(娘のPCで リンク成功)
と・いうことで めちゃ安で出品されてたので落としたCDですが

「タコ踊り」のように実験的要素はなく若干ガックシだが
ミルドレッドさんの音源と思えば良い
ふと見落とすよな「Put Your Heart In A Song」
こういう曲がわしゃ好きや (思わずミルドレッド嬢を)
抱きしめたくなる 
(やっぱ僕だけか)

ボントロはジェニーさんでは無いが クラはダミコさんですな
「I Haven't Changed A Thing」
このアンサンブルにうっとりするなぁ

夫婦でガッチリ儲けてた時代で充実してたかも
あ、しかしゼニさえ儲けてたら幸せかっちゅーと
(そーでもなさソ)

あと買ったのは・・・・




R0022345.JPG
Red Norvo 「Town Hall Concert Vol. 1」

コレなぁ どっか別の音源で絶対聴いてんねナ
(たぶんあの3枚組か)
にもかかわらず (庶民で買えた唯一のクラッシク盤)

R0023743.JPG
「Red Norvo 1945-1947」

このCDでオモロイのはメンバーね
USAの遊び心といいますか
自分の得物以外で演奏してるのがオモロイっすねぇ

あのペギー・リーがドラムでベニー・カーターがテナー
エディ・ミラーがアルトでノーヴォがピアノ
(テディ・ウィルソンとモンクが同居してる感じ)
いやいや・なかなかオモロイ事するものだ

3回目のダブり曲が入ってるからってカリカリする事ぁ無い
(と・いうものの) クっ・・・・・。


ラベル:Red Norvo 
posted by ドクた at 21:44| 京都 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ども。
Noevoのタコ踊りは、ぼくも、かなり好きです。確かBrunswickへの録音だったですわね。
初めて聴いたとき、Raymond Scottのレコードかい!って思いましたわ。
Posted by きのした at 2012年07月12日 06:37
あ、ども木下閣下さま
Brunswick録音でしたわねって
私のばやぃヘップ盤(苦笑)

よくぞ言って下さいましたレイモンドのおっちゃん
え〜っと
http://punyo81.blog1.fc2.com/blog-entry-492.html

僕としましてはもっともっと評価されても
いいんじゃねぇかと・・・・
(評価されてる?)
http://www.youtube.com/watch?v=zbR6YZs8hqs
スイング期の前衛派って感じやけど
スイングしてるから意味がある?
Posted by ドクた、 at 2012年07月12日 12:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック