2012年09月02日

「虎の眼」ウィルバー・スミス (1975)

RIMG0189.JPG


まだまだ お暑ぅごぜぇますネ
今年の夏ぁ 休みもなく炎暑の中
コキ使われておったのでありますが
そういうときに読む海洋冒険小説はなんともしれん
心の支えとなりましたでごぜぇますヨ
ぶっちゃけた話・今年読んだ中ではナンバーワン!

ファースト・シーンでの釣りの描写がなんとも素晴らしい
海・マカジキの魚影・熱帯の日差し・波が男のロマンをそそるのであります
(もっとも私 ヘラ鮒しか釣りませんが)
釣り師としての心情に国境はない
(経済的格差は あるかもしれん)

ウィルバー・スミス 
http://homepage1.nifty.com/ta/sfs/smith_w.htm
海のないザンビア生まれで海に面した南アフリカ在住とある
作家としてはイギリス籍だ、
やはり英国は冒険小説の王道だと痛感するなぁ
王道のどこが悪い?冒険小説とは大雑把で
ハード・ボイルド部門と分けるべきだ?
んな事ぁ どーだっていいのだ
面白く感動して心洗われる・ソレが冒険小説なのである

あ〜 それにしてもあっけない最期のジミー・ノース
かわいそうなアンジェロ、なんでチャビーまで・・(なんでやねん)
虎の眼と呼ばれるバカデカぃ宝石
猛威を見せつけるサイクロン、おとぎ話のようなハリーの家
主人公 ハリー・フレッチャー 第2の主人公は船の
「ウェイヴ・ダンサー」である
その「ダンサー」まで爆破されアンジェロの婚約者ジュディスまで
(クソぉ〜ッ!)わしゃ もう怒ったど

で、ネットの読者諸氏は気づいておられた方が大半
(わしゃ 知らんがな)
最後のシェリーのどんでん返し(クぅ〜ッ!オモロかったです)

さて、ドクた、のふるほんまつり も一冊イキましょ


RIMG0191.JPG
夢果つる街  (角川文庫) トレヴェニアン
発表は1976年・翻訳されたのは1988年

トレヴェニアンて、あの「アイガー・サンクション」書かはった人やがな
たしかクリント・イーストウッドが映画作らはったな
せやから冒険小説要素がある思てんけど これは警察小説というかミステリ
っちゅーても後半・アレアレと思てる間に犯人わかんねやけどネ
せやから本書は独断で人間小説と位置づけたい

モントリオール 11月
主人公はクロード・ラポワント、モントリオール市警・警部補
「ザ・メイン」と呼ばれる区画、娼婦と浮浪者の各国移民の街
徴兵逃れの若いアメリカ人もたむろする
(この辺りで年代もわかろうということか)

第2の主人公といえる、この猥雑な街を眠らせるために彼は巡回する
彼はこの街の法律だからだ、新米刑事から見た古い刑事のやり方
(こういうことは大学では教わらなかっただろう?)
無秩序な街を彼の秩序が繕い、政治的世渡り上手な市警上司との衝突
同居するようになった若い娘を通しての彼のアイデンティティー

ピノクルというゲーム仲間にはこの街の神父がいる
その教会で働くのは元娼婦(そこが人間小説だ)
もひとりのゲーム仲間にはナチ収容所を経験したモイシェ
ときに彼は 哲学を語る・・
(犯人探しなんて 後回しだ)

文庫本だがヘヴィーな本だ、娯楽本とは別な記憶に残る小説である
そしてこういう本はいつまでたっても記憶に残るものだ。

ウム、こゆ事ぁアマゾンのレヴューに書くべきか
(参考になりましたか?)

って、しょーもない事言うてんと レコ聴いてこ。


posted by ドクた at 15:43| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど
だから先のコメレスでカジキが出てきたんですね。

ツノではたくのはたしかに見てて楽しいです。
Posted by iけねすけ at 2012年09月03日 07:51
あ、怒涛の更新ご苦労さまですケネやん

('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン
カジキの件はその通りです(バレたか)

え、ケネやんカジキのハタキ見られるのん?
ま、たしかに酸欠のハタキはナニですけど
大概見ていて気持ちがええもんですネ
(クジラのハタキも見たいです)

ソレがこれから釣るど・という対象魚なら
心臓ドキドキ期待ワクワク感が絶頂期を迎えますネ
(ソレで釣れへんかったら)
責任をドコへ持っていったらいいんでしょ?

っちゅことでいっぺん僕の自作?
ハリハズシもお披露目しよかなぁ

それにしてもゴルゴのアニキは守口てなトコロで
美味そうなビール飲んで
オマケにアユちゃんといっしょやて
(こう見えてもオレ・アユちゃんファンやで)
若干うらやまチぃ〜です(ちきしょ)。
Posted by ドクた、 at 2012年09月03日 12:07
いや、怒涛の更新といっても
写真1枚にテキトーなコメントつけてるだけですので

>責任をドコへ持っていったらいいんでしょ?
どーしてくれるのよぉ
の世界ですな。

ハリハズシは一度ご披露いただきたく。


ワタシもどっかでお酒を飲んできますかねぇ。
独りで、だけど
Posted by Kenneth.K at 2012年09月05日 07:37
あ、ケネやん

僕なぁ・・・・((ミ ̄エ ̄ミ)) ボーーー

おもしろ本の読みすぎ(睡眠不足)
安酒の飲みすぎ (睡眠不足)
仕事のし過ぎ・休日出勤・ひと月7日
(というのは今や職場の伝説)

とうとうノドが腫れてきました
たばこ吸うたらめちゃ胸痛い
(>。<;)y-~ ゲホッゲホッ...

それでもハイライトを吸い続ける男
それでも仕事休めへん
(熱出たら休んだろ)。
Posted by ドクた、 at 2012年09月05日 10:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック