2012年10月13日

Songs We Taught Your Mother (1961)

R0023540.JPG

ほんまにアレ・ダブってエントリしたんかなぁ
それもワカランよーになってきてまんねゃが・・・
コレではイカンと月別に収穫ブツを撮ってるんやけど
(抜けてんのもありまんにゃワ)
せやからいつ買ぅたんかわかれへん (のが多い)

こんな調子やったら年内に上半期のブツ紹介でけへんで
と・思てですね・きるだけ買った順番に
スピードアップをはかりたい (も・10月なってもたやんヶ)
せやけどカテゴリー的にも統一感をもたせにゃいかん
(ごちゃごちゃ言うてんと さっさとさらせゃ・ウォッさんッ!)
って、そんなポンポン言わんかてヨロシがな・んまに

っちゅことでサッパリ思い出せないがなぜか「Lucille Hegamin」
を聴かなあかんという衝動にかられて買ったCDで
シンガポールの空港周辺にはゴミひとつ落ちてない
ヴァンゲルダー・スタジオもチリひとつ落ちてない音作り
せやから白衣の天使が似合うのか
じっちゃま&ばぁ〜ちゃまの同窓会とは言ってほしくない

ある程度ダレがコレやと顔わかるけど・ひとりだけワカランのがいる
妊娠したオガタというよりヤマシタ・ヒロの体型・・
このジミー・ラッシングみたいのはダレゃ?

61年では やっぱしなぁ〜
と・思って(少しでも安く)海外から仕入れたのは次のCDである

R0023742.JPG
FROG DGF68 KING OLIVER
Blues Singers & Hot Bands 1924-1929 On Okeh

「BUTTERBEANS & SUSIE」からの発射であるが
やっぱし”パパ・ジョー”上手ぃ
聴きものはこの辺りか どれもコレも・たまルぁンぐぅ〜ッ!
      ↓           (ここ しゃレゃ)
『TEXAS ALEXANDER
18. Tell Me Woman Blues                       
19. Frisco Train Blues
 
CLARENCE WILLIAMS & HIS NOVELTY FOUR
20. In The Bottle Blues 
21. What Ya Want Me To Do?
 
BLIND WILLIE DUNN’S GIN BOTTLE FOUR
22. Jet Black Blues 
23. Blue Blood Blues』
BLIND WILLIE DUNN’S GIN BOTTLE FOUR とは
http://www.redhotjazz.com/gin.html
白人黒人混成バンドをカモフラするためのバンド名だったのか

先日はタイプミスやなんて大変失礼な事言ってしまった
「J.C. Johnson」(実在のかなり大物ですがな)
http://www.travlinthemusical.com/JC/index.html

この辺に「Wabash Trio」との関連性がありまんにゃろかネ?
なにはともあれ ピッチを上げてカキコしていこ思う。
posted by ドクた at 00:39| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お世話になります。

一番上のCDの写真が気に入ったので、少し調べてみました。

Lucille Hegaminってのは、全くの初耳です。同じルシールでもボーガンの方は知ってましたが。

おぎてつ
Posted by おぎてつ at 2012年10月13日 23:10
あ、まいどどーもオギさん ( ゚▽゚)/コンバンハ 

えぇ僕もこの写真けっこう好きです
J・C・ヒギンボサムのヘアスタイルが成田 三樹夫ソックリ
というのがよくわかります
右の小柄な女性が Hegamin嬢ですな
(はじめ中央のアルバータ・ハンター嬢と間違えてました)

ほて、ジミー・ラッシングみたいなて・・・本人やがな
(ややこしトコで顔出すなっちゅーねん)
      
      ココで確認
       ↓
http://stomp-off.blogspot.jp/2010/02/john-hammond-close-look-part-i.html

「Lucille Hegamin」のナニを聴いて当CDに手を出したか
サッパリ思いだせれませんが やはり往年の方がよかった(思います)
あとアルバータ・ハンターさんがよかった
しかしバックのサウンドはHegamin嬢
(このヒトの録音だけ参加ミュージッシャンがチガウ)
あとスピヴィー嬢はこんな姉妹がおられたのかと・・
http://www.youtube.com/watch?v=KYY-V3QqA-k&feature=plcp
(あ、はい けっこう好みのタイプです)
別の動画ではロニ・ジョンが司会してスピヴィーさんが登場するのがオモロイ
(田端義男みたいなスタイルです)

あ、それよかオギさんの“Key to the Highway”で一番ガビぃ〜んときたのを
思い出そうと先日から睡眠不足でした
思い出しました・リトル・ウォルターやった
http://www.youtube.com/watch?v=3guFiuBPCHk

これホンマにマディ・ウォーターズが弾いてまんにゃろか?
Posted by ドクた、 at 2012年10月14日 00:45
申し訳ない。僕もまるで自信がないのですよ。
あのヒストリカル盤はよそで見たのかもしれないし。

フロッグといえば、新しいサイトはもうご覧になられましたか?
前よりだいぶ見やすくなっていい感じですね。
で、ニュー・リリースがなんとワシントニアンズ。
これはぜひとも買いたい。

ルシール・ヘガミンは、クラシック・ブルース・シンガーとしては
メイミー・スミスに次いで二番目にブルースを吹き込んだっちゅうことで
知られておりますな。
Posted by かふぇそ at 2012年10月14日 20:49
あ、陛下さま ▽・w・▽こんばんわんこ
(ワタシ・犬飼ってません)

申し訳ないて、ナニをおっしゃいますやら
お互い毛がなく、いぇ自信がないのはお互いさま
とにかくお年頃・本文見てみなはれ
字が一個足らん部分もあってムチャムチャゃ
(お年頃に加えて酔ぅて書いてにゃもんなぁ)
どんならん
と・思いながらも
(そんなときしか書けまへんがな)
許せ・(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

フロッグのサイト?
まだ一回もお邪魔したこと無い思いますねけど・・
せやけど先日買いましたデ
デッカイ本が付いてきたっちゅーかCDがオマケやったんですかネ
あくまで僕はCD注文したハズなんやけど・・
かなりイイCD内容と思いますにゃが
別レーベルにもええ内容のCDがあって
アタマこんがらがってもて飽和状態
( ̄ω ̄;)エートォ...

ん、メイミー嬢?あの人が初代でしたか、
その後調査しますと例の「J.C. Johnson」とアンディ・ざりがに
という人が作った曲を取り上げてるっちゅーか
けっこう歌わせられたはりますネ

なんか触発されてきました、酔いにまかせて書きます!
Posted by ドクた、 at 2012年10月14日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック