2013年07月19日

NEW ORLEANS SOUNDS IN NEW YORK 1924-1926

RIMG1286.JPG
HERWIN 107

ススんで聴いておったのはやっぱコゅの ◎
1885年生まれのバディ・クリスチャンさま
キング・オリバー楽団・レギュラー出演
バンジョーからギターへの変換期は序の口
ジャズ草創期からのシーラカンス

彼のリーダーものを編集してあるのか
ブルース歌手がいいのよネぇ



も・1枚




RIMG1036.JPG
Johnny Dodds On Paramount Records Vol.1 (1926-1929)

今年、年の初めの購入ブツで年末から年始
ヌぅ〜オリンズ三昧という按配でございましたが

ウォッシュボードのおっちゃんが仕切ってますなぁ
ジャズとゆーよりジャグバンドの風情

ドッズ氏のクラはクラとゆーより草笛光子である
ヌぅ〜オリンズといえばデカぃ川と港のイメージだが
港町の路地裏・土の香りがするのよネ
(ロマンちすとでゴみん)。




posted by ドクた at 17:58| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出ました! これはいい! マクレノンも入っている。
河原町のお店でしょうか。
ドッズのこれはあまり聴いてない。ヴィンテージ・シリーズのやつが
僕の愛聴盤です。
Posted by かふぇそ at 2013年07月22日 09:28
うぅ・ふぁぁ〜
あ・・はい起きてまいました
(か・かゆい・・・)

もちろん河原町です
ebayの出品価格見て(笑いがとまらん)

むふふふ たぶん僕がオトコマエなので
安くしてくれてるんでしょうか?
せやけど僕にしてみれば
前代未聞的に高額なるレコも買ってます
(乞うご期待)デヘっ。
Posted by ドクた、 at 2013年07月23日 04:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック