2014年05月18日

マット・スカダー三昧

RIMG4417.JPG

「過去からの弔鐘」「墓場への切符」「獣たちの墓」
「死者との誓い」「死者の長い列」ローレンス・ブロック(著)

と・ゆーことでお口直しはマット・スカダー・シリーズである
渋川育由氏のカバーイラストにもソソられるじゃないッスか
冒険小説属ミステリ科、マニアックレーベルを全て揃えるのは困難だが
念願の1作目を買い(ぼ、僕ぁ几帳面なおとこダ)

と・小さな満足感に酔いしれる今日この頃
どれ読んでもオモロイのだが「墓場への切符」コレ最高にオモロかった
と・言いながら前回の「慈悲深い死 」あの内容を
心の中でなぞるのである。

R0027775.JPG

『鬼平犯科帳』池波正太郎(6・9・10)
夏のふる本まつりでセコくゲット
肩・こりませんなぁ

IMGP3884.JPG

さいとう・たかを作画・久保田千太郎の脚色というのは
原作に限りなく忠実であると感心しきり
あはは。


posted by ドクた at 09:45| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | オモロかった本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マット・スカダー・シリーズは僕的には倒錯3部作くらいまで、
ゆずって『死者の長い列』までかなあと。
「鬼平犯科帳」って、BSで再放送をやっていたけど今もやってるのかな。
そういえば「木枯し紋次郎」(再放送)やってますね。
紋次郎って、今改めて見るとミステリーなんですね。
話がなんだかマット・スカダー・シリーズみたいでおもしろいです。
Posted by かふぇそ at 2014年05月20日 09:23
あ、薫風に乗って風になられてタイム・アップを計り
(お忙しいトコロ恐縮でございますが)
倒錯3部作くらいまでってぇ〜?
(あら・冷たい陛下さま)

ぼ、僕ぁこれからエレインとどーなるかとか
下の息子のミッキーのこととか
またナニかの拍子にバーボンの封を切るとか
気が気ではないのです

せやけどT・Jってけっこうイカした少年ですネ
帽子を受け取る刑事とか ああいぅ脇役も魅力たっぷり
で、木枯し紋次郎?いゃ あの斬られ役にウチの奥様の
コワぃおジさんが・・・ソレにウチの上の娘もタケシ?の
(けっこうウチの家系もTV出演しとるなぁ)

で、「モンちゃんがきたぁ〜ッ!」ってのは
(ヘラ鮒釣りの専門用語)
忘れた頃に1枚だけ釣れて
(ただの通りすがりのヘラ鮒ですヨ)っちゅこと
しょームなぃ?失礼しました。
Posted by ドクた、 at 2014年05月20日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック