2015年03月01日

Fats Waller 「Young Fats Waller」 (1923-1927録音)

RIMG4353.JPG


(5月入手ブツ)リバーサイド盤である!  んが
(マニアック過ぎてとんと聴いてない)
僕の経済範疇で買ったが高い値もついてるようなので
(もったいないので近いウチに聴いてみョ)

で、よく聴いてるのはコチラ・・



IMGP1161.JPG

fats waller & his rhythm 「ONE NEVER KNOWS DO ONE?」Released;1957

コレは去年10月か11月に入手したと思うねんけど
個人的にはって個人的なブログやけど
やっぱヒズ・リズムの演奏が一番好きやなぁ
あとオルガンね


IMGP4556.JPG

Fats Waller ‎ 「The Real Fats Waller」 Released:1959


勢いづいて今はなき梅田のロック屋で相当なる昔にゲットした
カムデン盤なんぞを引っ張り出して最近聴き直した
やっぱファッツさんの人選は当時の最高峰!
と・ゆー言い方ではなくベストと言った方がしっくりくるなぁ。

posted by ドクた at 00:37| 京都 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ファッツはかなり(ほとんどと言ってもいいかも)処分しました。
CDで聞けるからいいやってのがその理由。
この中で手元に残っているのは真ん中のみで、これはダウンビート推薦盤。
一番上のリヴァーサイド盤は10吋盤がオリジナルです。
しかしリヴァーサイドは総じて音が良くないのが難点。どうしてもLPで
というならバイオグラフ盤を狙うべきです(もちろん同じ内容です)。
ただこれはピアノ・ロール集なので、聞いて面白いかと言えば…。
Posted by かふぇそ at 2015年03月01日 22:20
あー やっぱし・・ナニを隠そう
バイオグラフ盤?VOL−1だったかも(持ってますねん)
ピアノ・ロールってオルゴールっていうか
どこか機械じみてオモロないですね

その点、ヒズ・リズムのジーンセドリックなんかええ感じ

せやけどファッツさん亡き後のジーンセドリックって
(どこかで聴いたプレイやったんですが)
自分を見失ってるよな(時代はモダン化してくるし)
ぼ、僕ぁどーしたらよろしぃんでしょうか?
ヴぉヴぉヴぉ〜ってイリノイ・ジャケーの出来損ないみたいで

(身につまされました)苦笑。
Posted by ドクた、 at 2015年03月02日 08:43
追伸

真ん中のが残ってると
こんなお遊びができますヨ(やってみ)
    ↓
http://www.sleeveface.com/?p=1612
Posted by ドクた、 at 2015年03月02日 08:53
笑いました。
これはぜひドクた、殿にもやってもらいたいところ。
その際はマックじゃなくて、芋焼酎で。
ファッツのLP、思い入れのあるやつだけ残してあります。
そのうち拙ブログで紹介します。
Posted by かふぇそ at 2015年03月03日 15:36
初めは大事なジャケをおもちゃにしてけしからんッ!
(とは思ったんスけどネ)
色んなジャケ使って遊んでるんですナぁ
(ソレはそれでオモロぃんですけどネ)

陛下さまに笑っていただけてなによりですが
僕が撮るとすれば居酒屋を借り切って
焼き鳥の煙を充満した中で
小道具はトンソクでしょ?

せやけど僕が使いたいジャケはズバリこれ
      ↓
http://www.amazon.co.jp/%E8%8B%B1%E5%90%89%E5%88%A9%E3%81%AE%E8%96%94%E8%96%87-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B000025SME

悪ノリしましたが
思い入れのあるレコード
ソレこそが人生のお宝かもしれませんネ。
Posted by ドクた、 at 2015年03月03日 21:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック