2015年07月28日

Josephine Baker - Josephine Baker Released:1951

RIMG4619.JPG

Columbia ‎– FL 9532


で、去年の7月は10インチ盤の安売りやったんで
(買わずともいいようなブツまで買ってしまった)かな?

ジョセフィン・ベイカー女史のレコが珍しくって買っチまったが
おフランス語で歌ってらっしゃるから
どっちかつーとシャンソンの出来損ないみたいな感じ

せめてこんな感じのをイメージしたんやけど



もっとも僕は寄り目をしてくれるベイカーさんが好きゃ


金井 克子さんにジョセフィン・ベイカーさん
ダンスやってるヒトは歳とりまへんなぁ
(やってみるか・・・)。


ラベル:Josephine-Baker
posted by ドクた at 17:12| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつの間にか、怒濤のアップ。
それにしても買ってる。

ポピュラー・ミュージックの歴史書にその名前は出てきますが、
音楽そのものはあまり語られませんね。
かくいう私もほとんどと言っていいほど聞いておりません。
やはりあのオッパイ丸出し、しかもフリフリしながら歌うという
キワモノ的イメージが先行しがちなのですね。
この際、ドクた殿がその音楽性について真面目に掘り下げていただくと
よろしいかと。
Posted by かふぇそ at 2015年07月30日 16:29
こんばんわ 陛下さま

そーそー 衣装はバナナだけというあのセクシーさ
(昔の方が過激やったかも)
しかしベシェとデキてたってのはどーなんだろ?
それならジャズのエッセンスを注入されてたハズですネ

この方の音楽性を追求するって・・・
思いおこせば小遣い欲しさに中学生の頃から
真冬のネギ畑に鎌ひとつ持たされて
暗くなるまでネギを引っこ抜いたあの試練から
ワタシの人生 試練の連続

せめてラヴァーン・ベイカーにしといてもらえませんかネ
(苦笑)
Posted by ドクた、 at 2015年07月30日 21:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック