2015年09月17日

「Two Old Maids In A Folding Bed」 Monette Moore

RIMG4735.JPG

サンバーストでなく「Blue type 2A TMR」
というタイプか再発もんですやろネ


えーと、去年8月、僕の音源画像日記フォルダをクリックすると
SP盤しか買ってないよーだ(相当安かったと想像できる)
プットニー・ダンドリッジにドッズ(フムフム)
よく回すのがこのモネットさん
(チャーリー・ジョンソン楽団での記憶か)



Recorded February 19, 1936, New York, NY.
と・なっておるがバックを受け持つのが
サム・プライス(P)しか判明してない

ワケあってあまり大きな声では言えないが
このペット・エメット・ベイリー ギター・ダニー・バーカー・・・
(という固有名詞がふとボケ気味のアタマをよぎった)

余談だがDanny BarkerってN・Oの名士なんですな
(ヒマな方のみ限定動画)
New Orleans Second Line & Memorial Parade for Danny Barker 1995 Treme
posted by ドクた at 07:45| 京都 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モネッティ・ムーア、久しぶりにその名前を見ました。
「あぁそうだ。おれ、好きだったよなあ、モネッティ」
ヒストリカルのオムニバスなんかでチョコチョコ聴いて、
その後ドキュメントのCDで一気にコンプリートへ。

ダニー・バーカーの奥方のブルー・ル・バーカーも
似た味わいでいいです。
Posted by かふぇそ at 2015年09月18日 11:07
けっきょくテーマはコンプリートを所有しとると・・
せやけど一体何曲くらいになるんかなぁ

このヒトをコンプリートに聴くと
ジャズの創成期から隆盛期の
絵巻物語みたいになるのんちがうかなぁ

コンプリート?(スゴイ)。
Posted by ドクた、 at 2015年09月18日 20:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426213023

この記事へのトラックバック