2015年11月29日

RLP 1003 Ma Rainey, Vol. 1

IMGP0010.JPG

2014年11月河原町、いつもの階段を上がりよっこらセとドアを開ける
いつもの柔和な笑顔 とゆーか複雑な微笑で迎えられる

そこで見つけたのがマ嬢である(マ嬢はカワイイ女だ)
3枚揃ってる、30秒ほどの葛藤の末
3枚と赤のドッズといっしょに家に連れて帰ることにした。


Georgia Tom Dorsey (piano) Martell Pettiford (banjo)
Herman Brown (kazoo, washboard, tub bass)
Carl Reid (jug, jazzhorn) Ma Rainey (vocals) band moaning effects
Chicago, IL, circa June, 1928


ラベル:RLP 1003
posted by ドクた at 20:20| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック