2015年11月29日

Cripple Clarence Lofton: An Early Exponent of Boogie Woogie and Blues

IMGP0006.JPG

Pax LP 6005 (US 5/1954)



好きなピアニストでありますが
ドコが好きかってこの人のスローで弾く指の動きに
耽美性を感じるのであります

高度なブギウギピアニストであるこたぁワカッた
あ、しかしワタクシの求めてるテーマとは
若干チガったような・・・
ま、いーか

ということで こんなんどーですやろ?


この動画(1940)とありますが正確には1939年 11月 29日の録音ですやろ
いずれにせよ僕ぁ裏面の方が好きである

IMGP4311.JPG

これがハワイ開戦1年前・1940年1月5日の録音である


とゆーことで11月はこのくらいだったか(たぶん)。
posted by ドクた at 22:00| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱりロフトンといったらブギ・ウギ・ピアノなんですが。
かなりメロウな選曲なようで、ブギ・ウギはあまりお好きでない?

ロフトンのレコはヴォーグのEPがずっと欲しい1枚でしたが未入手。
特にレアってわけじゃないんですが、高いんですよね。
そんな値段なら要らないやっていう。
Posted by かふぇそ at 2015年12月04日 16:52

あ、いゃダメってことぁありませんが
ブギウギピアノ聴く時はそれなりの精神状態
と体調の切り替えが必要な時があります

元来ワタクシ・メロウなロマンチシストですから
てな事いいながらカウ・カウ(ナニ買うねん)
ダヴェンポートさんなんか好きなんですが
(あの店のジミー・ヤンシーなんかも狙ってますが)

そういう人が弾く対照的なバラード曲に痛く
魅かれますなぁ

そーです!高いブツに当たり前の値段なら
コチラから願い下げです
(モザイクのCD価格みてコシ・ヌかしました)
良民を愚弄しております

また株が下がり始めておるではないか
おぃ アベノミクス
(なんとか言え 早ョ質問したらんかぃ)。
Posted by ドクた、 at 2015年12月05日 00:00
芸術点が高い演奏ですね。

日曜日の朝、少し寝ぼけながらコーヒー啜って、てな時に心地良いです。

オギテツ
Posted by おぎてつ at 2015年12月05日 22:49
あ、どーもオギさん コメントありがとうゴザイマス

でしょ・でしょ ご賛同いただきありがとうゴザイマス
ブギウギが本来のお姿ですがアッチはリズム主体と
思いまんねけど 本来そのタイプの方が
リリシズムと申しましょうか耽美性のある事ぉ
演ってくれるから余計にインパクトが
あるのかもしれませんネ

あ、はい 寒くて布団から出られない時に
布団の中で聴く そゆのもオツなもんです。
Posted by ドクた、 at 2015年12月06日 00:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック