2016年01月19日

San Francisco Jazz 1930-1932: The Flexo Recordings

IMGP3737.JPG

さて、今年も2014年12月の入手ブツのつづき
安もん漁りの成果を記していく事にする

当時・西海岸のジャズは東部より低く見られていたようである
黒人楽団と比べるのはナンセンス(という古いフレーズ)
であるが、ヨーロッパでも優れたジャズが存在したんやから
本国・西海岸をないがしろにしてはいかんではないか
柔道や相撲は我が国の国技である

コレをウェストコーストジャズと呼ぶのは早計である
フリスコ・ジャズと呼ぶにゃロスアンゼルスでも
録音しとるやないヶえッ!
(と・も一人の僕がガナる)
ほなベイエリア・ジャズで手ぇ打ちましょか
という妥協案も出てくるので夜・眠りにくい

東部の白んぼと比べると心なしか音が柔らかいし
ポキポキ感より滑らかな感じがするのは
(特出したソロイストがオレが・オレが)
という出しゃばりがいないというトコロに
起因するかもしれんではないか
っちゅーことでなんら東部より低く見られる
筋合いはないのである

異色なのは「Tom Smith and Dudd Williamson」の
「My Baby Just Cares for Me」
アコギとウクレレ、ジャイヴぃ〜でいいなぁ

なを最後曲9分26秒にも及ぶベイエリア・ジャム
という感じの「Medley」はビッグ・バンド・ジャズにあの
キャノンズ・ガス・ストンパーズが紛れ込んでおるではないか
という幻想を抱かせるのである。

ラベル:HARLEQUIN
posted by ドクた at 12:43| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テリトリー・バンドのコンピになるのでしょうか。
なかなかの掘り出し物のようで、安いが故の満足感がまたいいんですね。
Posted by かふぇそ at 2016年01月20日 10:00
あ、はい たしかに安く落札さしていただいたブツですが
それほどの掘り出し物でもなく
それほど悪くもなく(こんなもんかなと)

で、ウィリー・ブライアントって白人バンマスと
似てんのちゃうかなと引っ張り出して
放置状態クラシックス盤を・・・・
全然サウンドがチガイました
オレが・オレがのソロイスト多数
(や・やっぱジャズはソロイストでした)汗。
Posted by ドクた、 at 2016年01月21日 01:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック