2016年01月21日

Jimmy O'Bryant「 Archive Of Jazz Volume 32」(1924-1926)

IMGP0814.JPG

(2014年12月入手ブツ)



うう〜ム・このサウンドが好きだ

(1925年 5月のシカゴ録音)
クラがオブライアント、ピアノが例のブライス
洗濯板がジャスパー・テイラー

このトリオにおける要はジャスパー・テイラーにある
という気がする、楽曲の骨格というか屋台骨
カービー楽団におけるオニール・スペンサーしかり
太鼓という楽器ではなくやっぱし人格かなぁ。

Jimmy O'Bryant (c. 1896, Arkansas or Kentucky – June 24, 1928, Chicago)
James Louis "Jimmy" Blythe (May 20, 1901 – June 14, 1931)
どちらも若死にゃ 僕は彼らの倍ほど生きて
今月またひとつトシとった
(申訳ないけど年金もらうまではイカへんどぉ)。
posted by ドクた at 23:45| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジミー・オブライアントは某誌にディスク・レヴューを書いたことが
あるんですよね。
いや、それがあまりほめませんでした。ハッキリ言ってあんたのクラは
イマイチだって(苦笑)。

LPならバイオグラフにもありますよ。
Posted by かふぇそ at 2016年01月22日 11:50
バイオグラフて、ちょっとおカタぃイメージで苦手でっけど
去年も・1枚ジェネット盤を買っちまいました
(ウォッシュボード・バンド)

ジミー・オブライアントさんは天真爛漫なんですねぇ
天真爛漫とはただのアホとも訳せますが(苦笑)
ここゾという時にいいフレーズが出てこない?

あ、しかし人間トシとともに寛容になるもんで
アホはソレなりにかわいい。
Posted by ドクた、 at 2016年01月22日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432842803

この記事へのトラックバック